ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

<!-- passive:etc --><div style="text-align:center;margin-bottom:10px;"><iframe src='//assys01.fc2.com/1374' style='width:300px;height:250px;border:none;' scrolling='no'></iframe><!-- FC2管理用 --><img src="//media.fc2.com/counter_img.php?id=1368" width="1" height="1"><!-- FC2管理用 --></div><div style="font-size:8px;">上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。<br />新しい記事を書く事で広告が消せます。</div>
2582

東京大などの国際実験チーム、『ヒッグス粒子の可能性が高まった』と発表

 物質に重さを与え、質量の起源とされる「ヒッグス粒子」を欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)で探索している東京大などの国際実験チームが14日、「7月に発見した新粒子がヒッグス粒子である可能性がより強まった」と発表した。 京都大で開かれている国際会議で最新の研究成果として明かした。CERNは12月中旬まで実験を続け、最終的な結果をまとめる方針。 チームは7月、CERNの大型加速器の実験で、99・... <Img src="http://i.minus.com/ibt3mEiknTlANB.jpg" Alt="すいません。画像の表示ができないです・・・"><br /><br /> 物質に重さを与え、質量の起源とされる<span style="color:#006600"><strong>「ヒッグス粒子」</strong></span>を<span style="color:#FF0000"><strong>欧州合同原子核研究所(CERN、スイス)で探索している東京大などの国際実験チームが14日、「7月に発見した新粒子がヒッグス粒子である可能性がより強まった」と発表した。</strong></span><br /><br /> 京都大で開かれている国際会議で最新の研究成果として明かした。<span style="color:#0000FF"><strong>CERNは12月中旬まで実験を続け、最終的な結果をまとめる方針。</strong></span><br /><br /> チームは7月、CERNの大型加速器の実験で、99・9999%以上の確からしさで新粒子を見つけたと発表。ヒッグス粒子と断定できるかどうか、最終的な確認を進めている。<br /><br />(<a href="http://www.47news.jp/CN/201211/CN2012111401001938.html" target="_blank" title="47News">47News</a>より)<br /><hr size="1" />99.9999%が99.99999%になったとかかな?<br /><br />見つかったら、素晴らしいことなんですけども、どうなんでしょうね。<br /><br />12月中旬に全てが明らかになるのか・・・・?<br /><br />このままいけば、発見した、という結論でしょう。<br /><br />たぶん。<br /><br /><br /><table cellpadding="5" border="0" style="border-collapse:separate;border-spacing:5px;border:none 0"><tr><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797370238/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51NzIlTNEfL._SL160_.jpg" alt="重力はなぜ生まれたのか - ヒッグス粒子発見に至る希代の物理学者たちの重力探求の道 -" /></a></td><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797370238/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">重力はなぜ生まれたのか - ヒッグス粒子発見に至る希代の物理学者たちの重力探求の道 -</a><br /><font size="-1">ブライアン・クレッグ,Brian Clegg,谷口 義明<br /><br />ソフトバンククリエイティブ<br />売り上げランキング : 30490<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797370238/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font></td></tr></table><table cellpadding="5" border="0" style="border-collapse:separate;border-spacing:5px;border:none 0"><tr><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315519480/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2BnYx1aPvL._SL160_.jpg" alt="ヒッグス粒子素粒子の世界―科学界最大の関心事が,みるみる理解できる (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)" /></a></td><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315519480/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">ヒッグス粒子素粒子の世界―科学界最大の関心事が,みるみる理解できる (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)</a><br /><font size="-1">村山斉<br /><br />ニュートンプレス<br />売り上げランキング : 15284<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315519480/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font></td></tr></table><br />
  • Date : 2012-11-14 (Wed)
  • Category : 物理
1959

ドイツ、世界最軽量の炭素素材を開発

ドイツのキール大学やハンブルク工科大学のチームは18日、空気密度よりも軽い世界最軽量の炭素素材を開発したことを、ホームページで明らかにした。新素材は三次元ネットワーク炭素構造の検索によって見つけたもので、多孔質の細かい網構造をしている。密度は1立方センチメートル当たり0.2 ミリグラムと、空気(1気圧、20℃の場合)の密度約1.2ミリグラムよりも小さく、これまで最軽量とされたニッケル素材の4分の1ほどの軽さだ。さら... <div style="text-align: center;"><a href="http://minus.com/l3HNZLMVXKp1T" target="_blank"><img border="0" src="http://i.minus.com/j3HNZLMVXKp1T.jpg" alt="" /></a></div><br /><br />ドイツのキール大学やハンブルク工科大学のチームは18日、空気密度よりも軽い世界最軽量の炭素素材を開発したことを、ホームページで明らかにした。<br /><br />新素材は三次元ネットワーク炭素構造の検索によって見つけたもので、多孔質の細かい網構造をしている。密度は1立方センチメートル当たり0.2 ミリグラムと、空気(1気圧、20℃の場合)の密度約1.2ミリグラムよりも小さく、これまで最軽量とされたニッケル素材の4分の1ほどの軽さだ。さらに、発泡スチロールの75分の1の軽さながら、95%に圧縮されても元に戻るなど、まるでスポンジのように圧縮や引っ張りに強く、導電性にも優れるという。<br /><br />“空気のような黒鉛(グラファイト)”の意味から「エアロ・グラファイト」と名付けられた新素材は、ナノウォールやマイクロチューブとしての加工も可能で、電気自動車のリチウム電池や航空機、人工衛星などの軽量化などに役立つかもしれないという。 <br /><br />(<a href="http://scienceportal.jp/news/daily/1207/1207201.html" target="_blank" title="サイエンスポータル">サイエンスポータル</a>より)<br /><hr size="1" />三次元ネットワーク炭素構造の検索ってなんだ?<br /><br /><br />検索によって見つけたものを開発したってこと?<br /><br />どんどん軽くなっていきますけど、限界ってあるのでしょうか。<br /><br />ムーアの法則ではないですけど、炭素素材の軽量化ってどの程度で進んでいるのでしょうか。<br /><br /><br /><table cellpadding="5" border="0" style="border-collapse:separate;border-spacing:5px;border:none 0"><tr><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002BH3GWO/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51M24HF83pL._SL160_.jpg" alt="キャンパーズコレクション 厳選木炭5kg" /></a></td><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002BH3GWO/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">キャンパーズコレクション 厳選木炭5kg</a><br /><font size="-1"><br /><br />キャンパーズコレクション<br />売り上げランキング : 81<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B002BH3GWO/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font></td></tr></table><table cellpadding="5" border="0" style="border-collapse:separate;border-spacing:5px;border:none 0"><tr><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000T6LZZ4/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/516cG04ValL._SL160_.jpg" alt="木目スノコ E" /></a></td><td valign="top" align="left" style="vertical-align:top;text-align:left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000T6LZZ4/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">木目スノコ E</a><br /><font size="-1"><br /><br />オーエ<br />売り上げランキング : 14724<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000T6LZZ4/ateruimashin-22/ref=nosim/" target="_blank">Amazonで詳しく見る</a></font></td></tr></table>
  • Date : 2012-07-20 (Fri)
  • Category : 物理
1839

“神の粒子”ヒッグス粒子の存在は99.9936%確実

“神の粒子”と呼ばれるヒッグス粒子の存在が99.9936%確実であるという発表が、まもなく行われるかもしれない。発表を行うのは、欧州原子核研究機構(CERN)が運営する大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で実施されている2つの実験、アトラス(ATLAS)と小型ミューオン・ソレノイド(CMS)の研究チーム。そこで発表される研究成果は、この宇宙の物質が質量を持つ理由を、ひいては銀河が、惑星が、そして人間が存在し得る理由を説明す... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://minus.com/lTRMTtEDTqbR5"><img border="0" alt="" src="http://i.minus.com/jTRMTtEDTqbR5.jpg" /></a></div><br /><br /><span style="color:#0000FF"><strong>“神の粒子”と呼ばれるヒッグス粒子の存在が99.9936%確実であるという発表が、まもなく行われるかもしれない。</strong></span><br /><br />発表を行うのは、欧州原子核研究機構(CERN)が運営する大型ハドロン衝突型加速器(LHC)で実施されている2つの実験、アトラス(ATLAS)と小型ミューオン・ソレノイド(CMS)の研究チーム。そこで発表される研究成果は、この宇宙の物質が質量を持つ理由を、ひいては銀河が、惑星が、そして人間が存在し得る理由を説明するものになるはずだ。しかし、どのような内容の発表になるかは、固く秘密とされている。<br /><span style="color:#FF3300"><strong><br />◆実験結果はどの程度確かなのか</strong></span><br /><br /> 素粒子物理学の分野では、実験結果の確からしさのレベルが0シグマから5シグマまでで示される。ATLASとCMSの実験チームは2011年12月に、ヒッグス粒子の質量は2シグマの確率で約125GeV(1250億電子ボルト、GeV=ギガ電子ボルト)であることを示すデータが得られたと発表した。125GeVというのは、陽子の約125倍の質量に相当する。<br /><span style="color:#FF0000"><strong><br /> 2シグマの実験結果というのは、それが統計的な偶然によるものでない確率が約95%であることを意味する。</strong></span><br /><br /><span style="color:#006600"><strong> かなり高い確率だと思われるかもしれないが、高エネルギー物理学が伝統的に公式な発見に必要としてきた5シグマという厳しいレベルには遠く及ばない。</strong></span>5シグマというのは、その結果が偶然である可能性が100万分の1以下であることを言う。<br /><span style="color:#FF3300"><strong><br />◆ヒッグス粒子は確認されたのか?</strong></span><br /><br /> CERNが6月に発表したところによると、現在実験チームは、昨年の2倍以上のデータを蓄積しているという。LHCで実施されている別の実験、重イオン衝突実験装置ALICEのプロジェクトでイギリスチームのリーダーを務める、バーミンガム大学の素粒子物理学者デイビッド・エバンス氏は、ATLASとCMSによる発表は、<span style="color:#FF0000"><strong>ヒッグス粒子が125GeVの質量で存在することを4シグマのレベル、つまり99.9936%の信頼度で確認したというものではないかと考えている。</strong></span><br /><br /><span style="color:#0000FF"><strong> 公式な発見とされる5シグマには届かないが、「大半の物理学者が、今年中にヒッグス粒子発見の発表があることに1カ月分の給料を平気で賭けられる程度には信頼度が高い話だろう」とエバンス氏は話す。</strong></span><br /><br /> 逆に、12月に発表した結果が統計的な偶然であったことを示すデータが十分に得られたという可能性もある。<br /><br /> 物理学者にとっては、否定的な結果であってもやはり同じくらい刺激的だと、エバンス氏は言う。そうなれば、まったく新しい物理学の存在が垣間見え、宇宙の法則について再考を促されるからだ。<br /><span style="color:#FF3300"><strong><br />◆質量を説明するヒッグス粒子<br /></strong></span><br /><span style="color:#006600"><strong> ヒッグス粒子は、物理学者ピーター・ヒッグスが1960年代に、質量を持つ粒子と持たない粒子が存在する理由を説明するために提案した理論上の粒子だ。</strong></span>物質を構成する陽子をはじめとするクォークや電子などには質量があり、光を運ぶ光子などには質量がない。<br /><br /> ヒッグスは、宇宙は磁場のような目に見えない「ヒッグス場」に浸っていて、粒子はこの場の作用を受けるが、粒子の種類によりその作用の程度が異なるのではないかと考えた。<br /><br /> ヒッグス場とあまり、あるいはまったく相互作用をせずに運動できる粒子は、抵抗を受けず、質量をほとんど、あるいはまったく持たない。ヒッグス場と大きく相互作用する粒子は、大きな質量を持つ。<br /><br /> ヒッグス場という考え方を採るには、関連するヒッグス粒子を認める必要がある。<br /><br /><span style="color:#FF3300"><strong>◆ヒッグス粒子の発見が難しい理由</strong></span><br /><br /> 粒子を高速で衝突させると、奇妙な素粒子が生まれる。中にはビッグバンの最初の瞬間以降存在していなかったような粒子もある。しかし、そのような奇妙な粒子は、ほんの一瞬しか存在できず、すぐに崩壊してほかの粒子に変わってしまう。<br /><br /> 理論上、ヒッグス粒子が存在する時間はあまりに短すぎて、LHCの装置では記録できないと予測される。しかし、ヒッグス粒子が崩壊して変わった後の粒子を見つけられれば、ヒッグス粒子の生成を確認できると物理学者は考えている。<br /><br /> このような観測から、昨年の実験結果が示唆していたようにヒッグス粒子の質量が約125GeVであることがはっきりしたなら、なぜこの粒子がこれほど長い間発見されずにいたかの説明がつく。<br /><br /><span style="color:#990033"><strong> 125GeVという質量は、LHCの前に使われていた大型電子陽電子衝突型加速器(LEP)のようなエネルギーの低い加速器の測定範囲をわずかに超えている。LEPは約115GeVまでしか扱えなかった。<br /><br /> また、125GeVというのは、崩壊して独特の産物を生成するほどの質量ではない。それが検出されれば元の粒子の明確な存在証明となるような生成物を生み出さないのだ。</strong></span><br /><br /> 実際、ヒッグス粒子は崩壊するとクォークなど比較的よくあるものに変わるようだ。クォークはLHCの中で大量に生成される。<br /><br />「自然がわれわれに意地悪をしているような具合だ。われわれが(ヒッグス粒子の質量として)絞り込んできた範囲は、最も確認が難しい範囲なのだ」とALICEのエバンス氏は話している。 <br /><br />(<a title="National Geographic" target="_blank" href="http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120704003&expand#title">National Geographic</a>より)<br /><hr size="1" />さあ、アインシュタイン以来の、世紀の大発見となるか。<br /><br /><br />質量を司る、まさに神の粒子です。<br /><br />となると、素粒子は何で構成されているんだろうか・・・。<br /><br />こんなことを探し始めると、キリがないんですけどね。<br /><br />「コレが、物質を構成する最小の粒子です」っていう証明はできないものなのかな。<br /><br /><br /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51R1wj70r1L._SL160_.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/">すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date"></div></div><div class="amazlet-detail">多田 将 <br />イースト・プレス <br />売り上げランキング: 96069</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div><br /><div style="margin-bottom:0px;" class="amazlet-box"><div style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;" class="amazlet-image"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315519383/ateruimashin-22/ref=nosim/"><img style="border: none;" alt="ゼロと無限素数と暗号―数学者たちを魅了してきた深奥な数 (ニュートンムック Newton別冊)" src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51kK4Fk0jfL._SL160_.jpg" /></a></div><div style="line-height:120%; margin-bottom: 10px" class="amazlet-info"><div style="margin-bottom:10px;line-height:120%" class="amazlet-name"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315519383/ateruimashin-22/ref=nosim/">ゼロと無限素数と暗号―数学者たちを魅了してきた深奥な数 (ニュートンムック Newton別冊)</a><div style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%" class="amazlet-powered-date"></div></div><div class="amazlet-detail"><br />ニュートンプレス (2012-05-28)<br />売り上げランキング: 37272</div><div style="float: left;" class="amazlet-sub-info"><div style="margin-top: 5px" class="amazlet-link"><a target="_blank" name="amazletlink" href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4315519383/ateruimashin-22/ref=nosim/">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div style="clear: left" class="amazlet-footer"></div></div><br />
  • Date : 2012-07-05 (Thu)
  • Category : 物理
1137

【動画】「コレが私の最大出力!!」レールガンを実際に撃つとこんな感じ

『Quake』シリーズを初め、SF系のゲームでは数多く登場するお馴染みの兵器レールガンですが、アメリカ海軍が実際に保有するレールガンの発射実験映像が公開され話題となっています。ゲームではぴょんぴょんと跳ねながら片手で撃ちまくれるイメージですが、実際には超大型のレールガンを入念に準備する過程が設けられており、動画では凄まじい威力で発射される瞬間まで紹介されています。ちなみに、この動画は『Quake』ファン向けに... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/2012030323585105b.jpg"><img border="0" alt="レールガン" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/2012030323585105b.jpg" style="width: 628px; height: 353px;" /></a></div><br /><br /><object width="640" height="360"><param name="movie" value="http://www.youtube.com/v/-uV1SbEuzFU&hl=en_US&feature=player_embedded&version=3" /><param name="allowFullScreen" value="true" /><param name="allowScriptAccess" value="always" /><embed width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/v/-uV1SbEuzFU&hl=en_US&feature=player_embedded&version=3" type="application/x-shockwave-flash" allowfullscreen="true" allowscriptaccess="always"></embed></object><br /><br />『Quake』シリーズを初め、SF系のゲームでは数多く登場するお馴染みの兵器レールガンですが、アメリカ海軍が実際に保有するレールガンの発射実験映像が公開され話題となっています。<br /><br />ゲームではぴょんぴょんと跳ねながら片手で撃ちまくれるイメージですが、実際には超大型のレールガンを入念に準備する過程が設けられており、動画では凄まじい威力で発射される瞬間まで紹介されています。<br /><br />ちなみに、この動画は『Quake』ファン向けにと紹介されていたものですが、海外ゲーマーの反応はどちらかと言うと『メタルギア』という声の方が多く挙がっているようです。<br />(<a href="http://gs.inside-games.jp/news/321/32150.html" target="_blank" title="GameSpark">GameSpark</a>より)<br /><hr size="1" /><br /><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120304000141cf4.jpg" target="_blank"><img border="0" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120304000141cf4.jpg" alt="レールガン" style="width: 322px; height: 185px;" /></a><a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/2012030400014058e.jpg" target="_blank"><img border="0" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/2012030400014058e.jpg" alt="ピースウォーカー" style="width: 237px; height: 237px;" /></a><br /><br />並べてみると・・・似てないでもない?<br /><br />右の画像はピースウォーカーです。<br /><br /><br /><br />レールガン、腕一本で撃てるシロモノじゃありません。<br /><br />あと、レールガンの砲弾ってY字になってるんですね。(上画像参照)<br /><br />実戦配備は結構先になりそうだな。<br /><br /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048709763/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51XZkSIkQTL._SL160_.jpg" alt="とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048709763/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4048709763/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="とある科学の超電磁砲 7―とある魔術の禁書目録外伝 (電撃コミックス)" target="_blank">amazlet</a> at 12.03.04</div></div><div class="amazlet-detail">鎌池 和馬 <br />アスキー・メディアワークス (2011-12-17)<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4048709763/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861990319/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KB8CRK1RL._SL160_.jpg" alt="図解アリエナイ理科ノ教科書IIB―文部科学省不認可教科書 (三才ムック―B-GEEKS advanced edition (Vol.128))" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861990319/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">図解アリエナイ理科ノ教科書IIB―文部科学省不認可教科書 (三才ムック―B-GEEKS advanced edition (Vol.128))</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4861990319/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="図解アリエナイ理科ノ教科書IIB―文部科学省不認可教科書 (三才ムック―B-GEEKS advanced edition (Vol.128))" target="_blank">amazlet</a> at 12.03.04</div></div><div class="amazlet-detail">薬理凶室 <br />三才ブックス <br />売り上げランキング: 32919<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4861990319/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><br /><br />
  • Date : 2012-03-04 (Sun)
  • Category : 物理
1109

IBM、分子内の電荷の分散を画像化することに成功!!

米国IBMの研究者チームが、1つの分子内で電荷がどのように分散しているかを画像化することに初めて成功した。ナノスケールの微細回路の実現に向けた基礎研究のブレークスルーが達成されたことになる。 IBMは将来的に機能分子をスイッチやトランジスタとして使えるようにすることを目標に、人工表面上の分子の構造を研究していると、IBMの研究者フェビアン・モーン(Fabian Mohn)氏は語った。IBMは高度な顕微鏡ツールおよび技術を... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/2012022800213130c.gif"><img width="540" height="336" border="0" alt="電荷" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/2012022800213130c.gif" /></a></div><br /><br />米国IBMの研究者チームが、1つの分子内で電荷がどのように分散しているかを画像化することに初めて成功した。ナノスケールの微細回路の実現に向けた基礎研究のブレークスルーが達成されたことになる。<br /><br /> <span style="color:#FF0000"><strong>IBMは将来的に機能分子をスイッチやトランジスタとして使えるようにすることを目標に、人工表面上の分子の構造を研究している</strong></span>と、IBMの研究者フェビアン・モーン(Fabian Mohn)氏は語った。IBMは高度な顕微鏡ツールおよび技術を使って、人工表面上の原子と分子の間で化学結合が形成される際に、電荷がどのように再分散され、配置されるかを画像化した。<br /><br /> 今回のブレークスルーは、電子デバイスにおける分子構造の理解、制御、微調整に向けた研究の前進につながると、モーン氏は語った。例えば、光子を正電荷と負電荷の各方向に分離するのに望ましい特性を持つ分子が見つかる可能性があるという。そうなれば、光をより効果的に電気に変換する太陽電池の開発に役立つ見通しだ。<br /><br /> また、このブレークスルーは、スイッチやダイオード、トランジスタとしての分子構造の効率を理解するための研究を前進させると、米国カリフォルニア大学バークレー校の物理学教授で、米国ローレンス・バークレー国立研究所(LBNL)のファカルティ研究員も務めるマイケル・クロミー(Michael Crommie)氏は語った。同氏はIBMの研究に関与していない。<br /><br /> 「一部の研究者は、分子を電子デバイスのビルディング・ブロックとして使うのは、興味深いアプローチだと考えている」とクロミー氏。「このアプローチの課題の1つは、分子を表面に配置し、目的の挙動を実現する方法を見いだすことだ。多くの人がこの課題に取り組んでいる」<br /><br /> <span style="color:#0000FF"><strong>IBMが使用した技術は、研究者が微細な構造体の特性を明確に把握することを可能にする診断ツール</strong></span>だと、クロミー氏は説明した。分子は、複数の原子が化学結合によって特定の構成で結びついた集合体であり、環境に応じてさまざまな振る舞いをする。電子が分子にすべての特性を与える。<br /><br /><span style="color:#FF0000"><strong> 分子系の振る舞いには無限のパターンがあり、研究者は、分子の振る舞いの予測と、構造の微調整を可能にすることを目指している</strong></span>と、クロミー氏は語った。例えば、IBMのツールは、クロミー氏のラボの研究者が、原子レベルの改良によって効果的なグラフェン・デバイスを開発するのに役立つ可能性がある。クロミー氏は、電荷の追加や削除によってグラフェンに変更を加えるための研究と、グラフェンが分子の振る舞いをどのように変えるかを把握するための研究に取り組んでいる。<br /><br /> IBMは独自のグラフェン研究を行っており、2011年には、毎秒1,550億回(155GHz)のスイッチングが可能なグラフェン・トランジスタを発表している。これは、2010年に同社の研究チームが発表した実験用トランジスタの約1.5倍の速度だ。グラフェン・トランジスタでは、従来のトランジスタよりも電子の流れが高速になると考えられている。これはチップ間のデータ転送の高速化につながる。<br /><br /> しかし、分子を半導体のビルディング・ブロックとして使うことが実際に可能かどうかは、まだ不明だ。また、IBMのブレークスルーが最終的にどのような成果をもたらすかを予想するのは困難であり、分子構造が人工環境で合理的な振る舞いをするかどうかがわかるためには、長年にわたる研究や実験が必要だと、クロミー氏は語った。<br /><br /> 「これは基礎研究だ。既存のプロセスを最適化するような取り組みとはわけが違う。彼らは、業界で使われていない新しい素材の組み合わせに目をつけている。近いうちに生産が可能になる技術に取り組んでいるのではない」(クロミー氏)<br /><br /> IBMのモーン氏は、次のステップは、今回の成果を基に技術を発展させ、分子を接続することと、分子を金属に付着させて、ナノスケール・デバイスを形成させることだろうと語った。IBMの最終目標は、この技術を進化させて電子デバイスを開発することだが、研究がどのように進むかは、時が経たなければわからない。<br /><br /> 「その点では量子コンピューティングに似ている。原理的には、有用な技術になるはずだが、直接的な実用化にはまだ程遠い」(モーン氏)<br />(<a href="http://www.computerworld.jp/topics/620/IT%E5%9F%BA%E7%9B%A4%E6%8A%80%E8%A1%93/201800/IBM%E3%80%81%E5%88%86%E5%AD%90%E5%86%85%E3%81%AE%E9%9B%BB%E8%8D%B7%E3%81%AE%E5%88%86%E6%95%A3%E3%82%92%E7%94%BB%E5%83%8F%E5%8C%96%E2%80%95%E2%80%95%E3%83%8A%E3%83%8E%E5%9B%9E%E8%B7%AF%E3%81%AE%E5%9F%BA%E7%A4%8E%E7%A0%94%E7%A9%B6%E3%81%AE%E3%83%96%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%AB%E3%83%BC" target="_blank" title="COMPUTERWORLD">COMPUTERWORLD</a>より)<br /><hr size="1" /><br />どこまで見る気なんですか・・・<br /><br /><br />こんなことがまだ基礎研究段階なんて信じられません。<br /><br />コレをどう利用して改良して実用化していくかは”神のみぞ知る”ですけれども、いろんな分野に応用が効きそうです。<br /><br />やっぱり、見ないとわからないんですね。<br /><br />想像や計算だけじゃ限界があるようです。<br /><br /><br />素粒子って見えるのかな?<br /><br /><br /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51R1wj70r1L._SL160_.jpg" alt="すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="すごい実験 ― 高校生にもわかる素粒子物理の最前線" target="_blank">amazlet</a> at 12.02.28</div></div><div class="amazlet-detail">多田 将 <br />イースト・プレス <br />売り上げランキング: 92733<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4781606245/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006JW4QNA/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Qs7c6EdtL._SL160_.jpg" alt="STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006JW4QNA/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B006JW4QNA/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="STEINS;GATE 比翼恋理のだーりん(限定版) 予約特典:未来ガジェット12号機「だーりんのばかぁ」付き" target="_blank">amazlet</a> at 12.02.28</div></div><div class="amazlet-detail">5pb. (2012-04-26)<br />売り上げランキング: 131<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006JW4QNA/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br />
  • Date : 2012-02-28 (Tue)
  • Category : 物理
1101

2011年の11月の2週間はわずかに短かった。原因は海流?

2009年11月の2週間は、1日がわずかに短かったことが判明した。海流減速で地球の1日が短くなる? カリフォルニア州パサデナにあるNASAジェット推進研究所(JPL)の研究者で論文共著者のスティーブン・マーカス氏によると、その2週間だけ地球の自転速度が約0.1ミリ秒速くなっていたという。 原因は南極を取り巻く海流の減速と見られている。「氷上でスピンするフィギュアスケート選手をイメージするとわかりやすい。回り始めは腕を... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120226000720649.jpg"><img width="640" height="353" border="0" alt="海流" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120226000720649.jpg" /></a></div><br /><br />2009年11月の2週間は、1日がわずかに短かったことが判明した。<br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;"><strong>海流減速で地球の1日が短くなる?</strong></span></span><br /><br /> カリフォルニア州パサデナにあるNASAジェット推進研究所(JPL)の研究者で論文共著者のスティーブン・マーカス氏によると、その2週間だけ地球の自転速度が約0.1ミリ秒速くなっていたという。<br /><br /> 原因は南極を取り巻く海流の減速と見られている。「氷上でスピンするフィギュアスケート選手をイメージするとわかりやすい。回り始めは腕を伸ばして勢いを付け、段々と腕を体に引きつけると回転が速くなる」とマーカス氏は説明する。「角運動量保存の法則と言って、回転半径と回転力の積は一定になる。小さく回るとスピードが上がるんだ」。<br /><br /> 海流の減速で地球の自転速度が上がるのも同じ原理だと同氏は解説する。海流や気流の速度変化が地球の自転速度、ひいては1日の長さにわずかながら影響することは以前から知られていた。「ただし、海流は気流よりかなり速度が遅いので、影響もはるかに小さい」とマーカス氏は話す。<br /><br /> しかし<strong>2009年11月に起きた南極環流の減速の影響は、地球自転の観測データで検出できるほど大きかったようだ。<br /></strong><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;"><strong>◆海の“奇行”</strong></span></span><br /><br /> NASAの研究者は、過去2件の論文でも2009年末に南洋で起きた異常について言及している。南東太平洋における海面温度と海底圧力の記録的な高さを報告した内容だった。<br /><br /> 2011年8月に「Geophysical Research Letters」誌に掲載されたJPLのトン・リー(Tong Lee)氏の別の論文は、有力な原因として2009年の異常なエルニーニョ現象を挙げている。<br /><br /> 通常のエルニーニョなら、南アメリカ北西部沿岸の海面温度が上昇する。しかし2009年に発生したのは「エルニーニョもどき」で、温度上昇は太平洋中央部に集中した。<br /><br /> マーカス氏は新しい論文の中で、南極環流の“奇行”に触れている。「エルニーニョは発生場所にかかわらず、数日後には大気を通じて南極環流に影響を及ぼす。海流を伝わる場合よりはるかに速く他の場所に影響するこの現象を、“大気の橋(atmospheric bridge)”と呼ぶ」。<br /><br /><span style="color:#0000FF"><span style="font-size:large;"><strong>◆回数は増えていく?</strong></span></span><br /><br /> ハワイ大学の海洋学者サマンサ・スティーブンソン氏はナショナル ジオグラフィックの取材に対し、「エルニーニョもどきの頻度上昇については意見が分かれているが、過去数十年の観測データを見る限り増加しているようだ」とメールでコメントを寄せている。<br /><br /> 増加傾向の原因は、自然変動と人為的な地球温暖化のどちらであるのか。現在はデータ不足で専門家も結論を出せていない。後者だった場合、今後は1日の短縮化が頻繁に起こるようになるだろう。「エルニーニョやラニーニャ(太平洋の海水温低下)が引き起こす大気波は南半球を伝播し、大気循環に影響を及ぼす」とスティーブンソン氏は話す。<br /><br />「大気循環の変化は海にも作用するため、エルニーニョやラニーニャの影響が最終的に南極圏の海まで及ぶかもしれない。この現象は地球温暖化により変化する可能性もある。ただし私の知る限り、南極海にエルニーニョが及ぼす影響が気候変動でどの程度変わるのかは正確に解明されていない」。<br /><br /> 今回の研究成果は、「Geophysical Research Letters」誌への掲載が最近承認された。<br />(<a href="http://www.nationalgeographic.co.jp/news/news_article.php?file_id=20120223001&amp;expand#title" target="_blank" title="ナショナルジオグラフィック">ナショナルジオグラフィック</a>より)<br /><hr size="1" /><br />海流で時間が短くなるのか。<br /><br />こんな研究を見ると、時間を操る能力って、地球の自転を操る能力のように思えます。<br /><br />過去に遡ったり、過去を消したりするのは意味不明ですが。<br /><br />異常現象が時間にまで影響を与えるとは、恐ろしいもんだ。<br /><br /><br /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063821293/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/514mUBpKDML._SL160_.jpg" alt="空手小公子 小日向海流(47) (ヤンマガKCスペシャル)" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063821293/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">空手小公子 小日向海流(47) (ヤンマガKCスペシャル)</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4063821293/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="空手小公子 小日向海流(47) (ヤンマガKCスペシャル)" target="_blank">amazlet</a> at 12.02.26</div></div><div class="amazlet-detail">馬場 康誌 <br />講談社 (2012-02-06)<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4063821293/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086179180/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51LvOQQSwlL._SL160_.jpg" alt="ジョジョの奇妙な冒険 40~50巻(第6部)セット (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫(コミック版))" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086179180/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">ジョジョの奇妙な冒険 40~50巻(第6部)セット (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫(コミック版))</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/4086179180/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="ジョジョの奇妙な冒険 40~50巻(第6部)セット (集英社文庫―コミック版) (集英社文庫(コミック版))" target="_blank">amazlet</a> at 12.02.26</div></div><div class="amazlet-detail">荒木 飛呂彦 <br />集英社 <br />売り上げランキング: 1661<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4086179180/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br />
  • Date : 2012-02-26 (Sun)
  • Category : 物理
989

【動画】流石に気持ち悪い。クアッドローターが20機で編隊を組んだら・・・

ヘリコプターは機体の上部に大きなローターブレードを装備していますが、ローターブレードを機体に4つ取り付けると「クアッドローター」(クアドローター、クアドロコプター)と呼ばれるものになります。現在、この制御技術がぐんぐんと進化しており、ペンシルベニア大学ではまるでスペースインベーダーのような編隊飛行を行わせることに成功しています。このムービーはペンシルベニア大学GRASPラボのメンバーが撮影したもの。GRASP... <div style="text-align: center;"><a target="_blank" href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120202234508d4c.jpg"><img width="638" height="343" border="0" alt="クアッド" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120202234508d4c.jpg" /></a></div><br /><br />ヘリコプターは機体の上部に大きなローターブレードを装備していますが、<strong>ローターブレードを機体に4つ取り付けると「クアッドローター」(クアドローター、クアドロコプター)と呼ばれるものになります。</strong>現在、この制御技術がぐんぐんと進化しており、<span style="color:#FF0000"><strong>ペンシルベニア大学ではまるでスペースインベーダーのような編隊飛行を行わせることに成功しています。</strong></span><br /><br /><iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/YQIMGV5vtd4" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />このムービーはペンシルベニア大学<a href="https://www.grasp.upenn.edu/" target="_blank" title="GRASPラボ">GRASPラボ</a>のメンバーが撮影したもの。GRASPとは「General Robotics, Automation, Sensing and Perception」の頭文字を取ったもので、ラボではロボット工学や電気工学、機械工学の研究を行っています。<br /><br />ちなみに、チューリッヒ工科大学では、クアッドローターを使って箱を積み上げるということをやっているようです。これ、両方の技術を組み合わせると、クアッドローターだけで自由にものを作れるようになるのでしょうか……。<br />(<a href="http://gigazine.net/news/20120202-quadrotors-formation-flight/" target="_blank" title="GIGAZINE">GIGAZINE</a>より)<br /><hr size="1" /><br />形を変えたら、熊蜂が大勢で飛んできたのかと思いますよ。<br /><br /><br />周りの風の影響とか受けているのでしょうけど、そんなものに動ぜずにきちんとした列を作っています。<br /><br />ヘリコプターのクアッドローターとかあったら驚いてしまいます。<br /><br />ただ、戦闘ヘリのクアッドローターは幅が大きくなるため、被弾する可能性が高くなるから無いでしょうね。<br /><br />あるとしたら、普通のですね。<br /><br /><br />クアッドローターを動かしてアイテムを取る、クレーンゲームがあったら面白そうだな。<br /><br /><br /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00352KTAQ/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41uR6UN2b8L._SL160_.jpg" alt="Coleman(コールマン) クアッドLEDランタン 170-9374" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00352KTAQ/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Coleman(コールマン) クアッドLEDランタン 170-9374</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B00352KTAQ/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="Coleman(コールマン) クアッドLEDランタン 170-9374" target="_blank">amazlet</a> at 12.02.02</div></div><div class="amazlet-detail">Coleman(コールマン) (2009-02-19)<br />売り上げランキング: 192<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B00352KTAQ/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006C5Y2TW/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://images-jp.amazon.com/images/G/09/icons/music/comingsoon_music.gif" alt="Quad Cross" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006C5Y2TW/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Quad Cross</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B006C5Y2TW/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="Quad Cross" target="_blank">amazlet</a> at 12.02.02</div></div><div class="amazlet-detail">矢作紗友里 早見沙織 佐倉綾音 伊瀬茉莉也 代永翼 間島淳司 <br />crothluna (2012-01-18)<br />売り上げランキング: 4510<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B006C5Y2TW/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2012-02-02 (Thu)
  • Category : 物理
818

『量子浮揚』でWipeOutみたいな反重力レースを再現!

いわゆる「第二種超伝導体」がマイスナー効果によって浮上し、ピン止め効果によって静止する現象を組み合わせ、あたかも反重力レースゲーム「WipeOut」のようなことを可能にしているすさまじい実験ムービーです。単純に浮いているだけではないため、垂直な立体カーブにさしかかっても落ちたりせず、安定した速度で進行している点に要注目です。謎の組織「JIST」による実験、ムービー中では胸のバッジなどにモザイクがかかっており... <a href="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120104204408399.jpg" target="_blank"><img border="0" style="width: 641px; height: 360px;" src="http://blog-imgs-46.fc2.com/t/o/r/torimuku/20120104204408399.jpg" alt="WipeOut" /></a><br /><br />いわゆる「第二種超伝導体」がマイスナー効果によって浮上し、ピン止め効果によって静止する現象を組み合わせ、あたかも反重力レースゲーム「WipeOut」のようなことを可能にしているすさまじい実験ムービーです。単純に浮いているだけではないため、垂直な立体カーブにさしかかっても落ちたりせず、安定した速度で進行している点に要注目です。<br /><br /><br /><iframe width="640" height="360" frameborder="0" allowfullscreen="" src="http://www.youtube.com/embed/Zqmdv5iyIOY?hd=1"></iframe><br /><br />謎の組織「JIST」による実験、ムービー中では胸のバッジなどにモザイクがかかっており、どこかの大学の研究機関か何かだと思われますが、著作権的な理由なのか何なのか正体は伏せられています。<br /><br /><br />この仕組みは「超伝導」で以下のように「量子力学的効果によって起きている」と説明されており、そのため「量子浮揚(クォンタムレビテーション)」と呼んでいます。<br /> <br /> <b><a target="_blank" href="http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E4%BC%9D%E5%B0%8E">超伝導 - Wikipedia</a></b><br /> <blockquote>超伝導体には電気抵抗がゼロになる他にも、物質内部から磁力線が排除されるマイスナー効果によって「磁気浮上」現象を起こす。この時、磁力線の強度への応答の違いから第一種超伝導体(Type I superconductors)と第二種超伝導体(Type II superconductors)とに分類される。第二種超伝導体では磁力線の内部侵入を部分的に許すことで高強度の磁力に対してマイスナー効果が発生する。第二種超伝導体では、ピン止め効果によりゼロ抵抗を維持している。<br /> <br /> これらの現象はいずれも、量子力学的効果によって起きていると考えられており、基本的なしくみはBCS理論によって説明される。日常では扱わない低温でし か発生しない現象で、その冷却には高価な液体ヘリウムが必要な事から、社会での利用は特殊な用途に限られていた。20世紀末にようやく上限温度(転移温 度)が比較的高く安価な液体窒素で冷却できる高温超伝導体が相次いで発見されてから一般への認知も大きく進んだ。今後はさらに一般的な低温環境や室温で機 能する実用的な超伝導体の発見が期待されている。</blockquote><br /><iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/VyOtIsnG71U?hd=1" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br />実験映像<br /><br />詳しい仕組みは<a href="http://www.quantumlevitation.com/levitation/The_physics.html" target="_blank" title="http://www.quantumlevitation.com/levitation/The_physics.html">http://www.quantumlevitation.com/levitation/The_physics.html</a><br /><br />(<a href="http://gigazine.net/news/20120104-controlled-quantum-levitation/" target="_blank" title="Gigazine">Gigazine</a>より)<br /><hr size="1" /><br />え・・・・仕組みが全くわからんけどスゴイ。<br /><br />逆さにしても、落ちないんですよね。<br /><br />コレに人が乗れるようになれば、リアルWipeOutができますね。<br /><br />これ、どこの組織だろう。<br /><br /><script type="text/javascript" src="http://ext.nicovideo.jp/thumb_watch/sm14790752?w=490&h=307"></script><noscript><a href="http://www.nicovideo.jp/watch/sm14790752">【ニコニコ動画】【初音ミク】3D映像のミクがテーブルから飛び出して踊るよ【fVisiOn】</a></noscript><br />これを作った人と同じだったら面白いんだけどな。<br /><br /><br /><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0061ZTDA6/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PSy-gj7lL._SL160_.jpg" alt="WipEout 2048" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0061ZTDA6/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">WipEout 2048</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B0061ZTDA6/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="WipEout 2048" target="_blank">amazlet</a> at 12.01.04</div></div><div class="amazlet-detail">ソニー・コンピュータエンタテインメント (2012-01-19)<br />売り上げランキング: 579<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0061ZTDA6/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><div class="amazlet-box" style="margin-bottom:0px;"><div class="amazlet-image" style="float:left;margin:0px 12px 1px 0px;"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0061HZ11E/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61oEHwa2juL._SL160_.jpg" alt="EXIT TUNES PRESENTS Vocalodream(ボカロドリーム)feat.初音ミク(ジャケットイラストレーター 左) 【数量限定オリジナルマウスパッド&ストラップ付き】" style="border: none;" /></a></div><div class="amazlet-info" style="line-height:120%; margin-bottom: 10px"><div class="amazlet-name" style="margin-bottom:10px;line-height:120%"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0061HZ11E/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">EXIT TUNES PRESENTS Vocalodream(ボカロドリーム)feat.初音ミク(ジャケットイラストレーター 左) 【数量限定オリジナルマウスパッド&ストラップ付き】</a><div class="amazlet-powered-date" style="font-size:80%;margin-top:5px;line-height:120%">posted with <a href="http://www.amazlet.com/browse/ASIN/B0061HZ11E/ateruimashin-22/ref=nosim/" title="EXIT TUNES PRESENTS Vocalodream(ボカロドリーム)feat.初音ミク(ジャケットイラストレーター 左) 【数量限定オリジナルマウスパッド&ストラップ付き】" target="_blank">amazlet</a> at 12.01.04</div></div><div class="amazlet-detail">V.A. <br />エグジットチューンズ (2012-01-18)<br />売り上げランキング: 50<br /></div><div class="amazlet-sub-info" style="float: left;"><div class="amazlet-link" style="margin-top: 5px"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0061HZ11E/ateruimashin-22/ref=nosim/" name="amazletlink" target="_blank">Amazon.co.jp で詳細を見る</a></div></div></div><div class="amazlet-footer" style="clear: left"></div></div><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2012-01-04 (Wed)
  • Category : 物理
606

【動画】離陸に約3メートルしかつかわない飛行機

世の中では短距離離着陸機(STOL)なるジャンルの飛行機も開発されているようですけど、実際にその離着陸の様子を目にすると度肝を抜かれちゃうでしょうね。こちらの飛行機が離陸に必要とする滑走距離はわずかに10フィート(約3メートル)で、着陸時にも17フィート(約5.2メートル)しか必要ないそうですよ。アラスカのバルディーズでは、舗装された滑走路のない各地へ飛び立つパイロットの腕を競い合うSTOLの競技会「Fly-In & Air... <iframe width="640" height="480" src="http://www.youtube.com/embed/q2-HRDsVk5Y" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />世の中では短距離離着陸機(STOL)なるジャンルの飛行機も開発されているようですけど、実際にその離着陸の様子を目にすると度肝を抜かれちゃうでしょうね。こちらの飛行機が<span style="color:#FF0000"><strong>離陸に必要とする滑走距離はわずかに10フィート(約3メートル)で、着陸時にも17フィート(約5.2メートル)しか必要ない</strong></span>そうですよ。<br /><br />アラスカのバルディーズでは、舗装された滑走路のない各地へ飛び立つパイロットの腕を競い合うSTOLの競技会「Fly-In & Air Show」が毎年開催されているのですが、上の動画の飛行機は、いつも表彰台を独占するアラスカではなく、バージニア州から参加した高校生のボビー君と父親のコンビが完成させたということで大反響を呼んだんだとか。原理的には、まるでヘリコプターのような垂直離着陸に近いスタイルのSTOLを作り上げるべく、翼やプロペラ、タイヤに工夫が凝らされているみたいですね。<br /><br />こういう飛行機だったら、ちょっとした広い庭からも離着陸可能になって、日本でも自家用機を持てる夢が膨らんだりするかな?<br />(<a href="http://www.gizmodo.jp/2011/11/post_9655.html" target="_blank" title="ギズモード">ギズモード</a>より)<br /><hr size="1" /><br />小型機とはいえ・・・・。<br /><br /><br />家のガレージにも収納できそうなぐらい小さい飛行機ですね。このまま開発しても、商品化できる気がします。<br /><br />しかし、高校生と父親のコンビでこんな飛行機を作ってしまうなんて、よっぽど好きなのか、物理が得意なのか・・・。<br /><br />いろいろと羨ましいです。<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003YORNB8/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&tag=ateruimashin-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B003YORNB8"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL160_&ASIN=B003YORNB8&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=ateruimashin-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ateruimashin-22&l=as2&o=9&a=B003YORNB8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/B003YORNB8/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=ateruimashin-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=B003YORNB8">1/48 傑作機シリーズ No.71 フェアリーソードフィッシュ Mk.I 水上機型 61071</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ateruimashin-22&l=as2&o=9&a=B003YORNB8" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798028754/ref=as_li_ss_il?ie=UTF8&tag=ateruimashin-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4798028754"><img border="0" src="http://ws.assoc-amazon.jp/widgets/q?_encoding=UTF8&Format=_SL160_&ASIN=4798028754&MarketPlace=JP&ID=AsinImage&WS=1&tag=ateruimashin-22&ServiceVersion=20070822" ></a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ateruimashin-22&l=as2&o=9&a=4798028754" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798028754/ref=as_li_ss_tl?ie=UTF8&tag=ateruimashin-22&linkCode=as2&camp=247&creative=7399&creativeASIN=4798028754">図解入門 よくわかる最新飛行機の基本と仕組み (How‐nual Visual Guide Book)</a><img src="http://www.assoc-amazon.jp/e/ir?t=ateruimashin-22&l=as2&o=9&a=4798028754" width="1" height="1" border="0" alt="" style="border:none !important; margin:0px !important;" /><br /><br /><br /><br /><br />
  • Date : 2011-11-27 (Sun)
  • Category : 物理
492

【動画】バネの自由落下をスローで

原理がわかりませんが・・・・... <iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/eCMmmEEyOO0?hd=1" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br /><br />原理がわかりませんが・・・・<br /><br />
  • Date : 2011-11-14 (Mon)
  • Category : 物理
452

16枚の回転翼。マルチコプター「E-Volo」

巨大な「マルチコプター」に生きた人間を載せて上空に飛ばす、という英雄的で無謀な企てをドイツのクレージーな技術屋たちが実行した。そして驚くことに、無事に着陸することができた。『E-Volo』は、「人間を載せて飛ぶ初めての電動マルチコプター」だ。ここで重要なのは「電動」という言葉だ。人間を載せるマルチコプター自体は、しばらく前から存在する。例えばクアドロコプターは、コンピューターで制御された4枚の回転翼で空... <iframe width="640" height="360" src="http://www.youtube.com/embed/L75ESD9PBOw?hd=1" frameborder="0" allowfullscreen></iframe><br /><br />巨大な「マルチコプター」に生きた人間を載せて上空に飛ばす、という英雄的で無謀な企てをドイツのクレージーな技術屋たちが実行した。そして驚くことに、無事に着陸することができた。<br /><br />『E-Volo』は、「人間を載せて飛ぶ初めての電動マルチコプター」だ。ここで重要なのは「電動」という言葉だ。人間を載せるマルチコプター自体は、しばらく前から存在する。<br /><br />例えばクアドロコプターは、コンピューターで制御された4枚の回転翼で空を飛ぶ。回転翼が連係することで、空中で静止したり、傾いて前進したりできる。E-Voloの開発チームは、<strong>回転翼は多いほどよいと判断し、16枚の回転翼をつけた</strong>。<br /><br />E-Veloは電力の消費が少なく(1時間の飛行で約8ドル分)、操作はジョイスティック1本で行える。機体の姿勢と方向の制御は、コンピューターが自動的にやってくれる。<br /><br />メンテナンスはほとんどいらない、と開発チームは語る。そして非常に安全なのだという。<strong>最高で4枚の回転翼が故障しても、安全に着陸できる</strong>からだ。さらに、すべての装置がパイロットよりも下にあるので、<span style="color:#FF0000"><strong>すべてがうまく行かないときはパラシュートを使うことができる</strong></span>。<br /><br />(<a href="http://wired.jp/2011/11/04/%e9%9b%bb%e5%8b%95%e3%83%9e%e3%83%ab%e3%83%81%e3%82%b3%e3%83%97%e3%82%bf%e3%83%bc%e3%81%a7%e6%9c%89%e4%ba%ba%e3%83%95%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%88%ef%bc%9a%e5%8b%95%e7%94%bb/" target="_blank" title="WIRED VISION">WIRED VISION</a>より)<br /><br /><hr size="1" /><br /><br />パラシュートを使うところまで飛べるのか?<br /><br />そんなことはさておき、16枚の回転翼をもつマルチコプターです。<br /><br />操作は簡単。その上、消費電力は少ない。<br /><br />良い感じじゃないですか。<br /><br />問題は、いつ、どこで使うかだ。<br /><br />
  • Date : 2011-11-08 (Tue)
  • Category : 物理
    Return to Pagetop
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。