ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

1225

新しいiPaDとiPad2のディスプレイを顕微鏡で見ると・・・

iPad


16日に発売された「新しい iPad」の Retinaディスプレイと旧型との画面対決、今回は顕微鏡写真編をお送りします。前回の『テキスト比較編』はスクリーンショットを同一スケールで並べたものでしたが、今回は新しいiPadとiPad2の液晶画面を直接顕微鏡で拡大撮影しました。結果はごらんのとおり。字形が比較的単純なアルファベットでも、ピクセル数4倍の差が歴然と分かります。

漢字やアイコン、写真の例は続きをどうぞ。特に漢字では、意味のある「文字」と、ずっと見続けてゲシュタルト崩壊を起こしたあとの「なんだか分からないもの」くらいの差。実際に顕微鏡越しに使う人がいるわけでもなく、また文字は滑らかだろうがガクガクだろうが記号としての情報量はせいぜい数バイトとはいえ、省略されたり潰れたりしたビットマップを目と脳が無意識のうちに文字に変換する際の負荷が改めて分かります。要は「字がきれいだとうれしい、でもそれ以上に眼と頭に楽」。

iPad

iPad

iPad

iPad
(Engadgetより)


すごく綺麗・・・・。


漢字の拡大写真の比較なんて、比較にならないぐらい綺麗になっています。

写真も見やすくなっていますし、こんなに綺麗だったとは・・・という感じです。

新しいiPad、恐るべし。




関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。