ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

2334

中国初空母の壁紙、あまりにもダサい

すいません。画像の表示ができないです・・・


9月25日、中国国防省はウクライナから購入した空母「ワリャーグ」の改修・試験航行を終え、「遼寧」として正式就役させた。「遼寧」は中国初の空母ということで、中国はもちろん、日本でも高い関心を呼んでいるが、就役と同時にネットで公開された“記念壁紙”は中国ネットユーザーの不評を買い、違う意味での注目を集めてしまったようだ。

すいません。画像の表示ができないです・・・


就役を記念して公開された壁紙は、荒波にもまれながら航行する「遼寧」の雄々しい姿をイメージしており、実物の「遼寧」の写真に荒波の画像を合成したデザイン。中央には大きく「遼寧艦」という文字とともに、“中国初の空母”を意味する「中国第一艘航空母艦」、正式就役した日付「2012.9.25」が記されている。壁紙のサイズは全部で4種類だ。

この「遼寧」壁紙、公開されるや否や、微博(中国版ツイッター)では「一言。ダサい」「どうやったらこんなデザインになるんだ」「テーマは何なの?」「オレの頭が荒波にもまれているぞ」「それを言うなら、中国初の外国空母改造艦だろ」「不吉な未来を予感させる」などと言われ放題。連日、中国のメディアでは空母の話題が熱く報じられているが、そうした現状に比べると、ネット界隈では何とも寒々しい空気が漂っている。

日本のメディアで目にするニュースからは、「中国初の空母に大きな盛り上がりを見せる中国、そして人民」的な印象を強く受けるかもしれないが、実際には冷めた目で見つめている人も少なくないようだ。

ナリナリドットコムより)

一番上の画像が、完成予想図。こっちのほうがカッコイイ。


壁紙、あまりにもナンセンス。

そもそも、空母よりも大きい波の上を航行するって、馬鹿ですか。

それと、掛かっている旗の色合いが悪い。


中国共産党 支配者たちの秘密の世界中国共産党 支配者たちの秘密の世界
リチャード・マクレガー,小谷まさ代

草思社
売り上げランキング : 20604

Amazonで詳しく見る
中国を永久に黙らせる100問100答 (WAC BUNKO)中国を永久に黙らせる100問100答 (WAC BUNKO)
渡部 昇一

ワック
売り上げランキング : 1419

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop