ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2463

とってもためになるキスの歴史

すいません。画像の表示ができないです・・・


唐突ですが、キスって素敵ですよね。好きな相手との初キス体験ほど鮮烈な体験はありません。唇には末端神経が集中していて、人間の体の中でも最も敏感な部分のひとつらしいのですが、体の一部を重ねるだけで、なぜあんな体中に火がつくような感覚が突き抜けるのでしょう。考えてみれば不思議です。

日本での口づけはもっぱら愛の表現ですが、欧米ではカジュアルな挨拶でも交されるし、同じキスにも色々な意味が込められています。でも、そもそもいったいなぜ人間はキスをするのでしょうか。人はみなキスをするの? そんな普段あんまり考えないキスにまつわる疑問ついて、今回はご紹介したいと思います。

誰にでもわかる理由はまず「心地いいから」。でもそれだけじゃないはずです。フィレマトロジー(Philematology)という学問を皆さんはご存知でしょうか。なんとこれは「キスについて科学的に研究する」という、いわば「キス学」とも言える学問! 近年盛んに研究が進められているのだとか。

■キスは本能ではない?

愛情表現についての生物学や生態学的な研究は、実は昔からあるようです。進化論で有名なチャールズ・ダーウィンは、ある論文の中で「キスが人類の本能的な行動ではなく、特定の文化圏で学習されるものであること」を説明しています。南米やタヒチなど、世界にはキスをしない人々が沢山いるのだとか。かわりに鼻をこすり合わせたり、相手の手足で自分の顔を叩いたりして愛情を表現するそうですよ。

■キスの起源
人間のキスや、他の動物にも観られるキスに似た行動はいったいどこから生まれたのでしょうか? いま最も有力とされているのは「口伝えの食べ物の交換」が起源ではないかという説。多くの動物は、幼児や弱い状態にある仲間に、噛み砕いたり吐き戻した食べ物を与えることが知られています。遺伝子を引き継いでゆくために必要なこの能力が、親密な行動のはじまりなのかもしれません。

■キスの進化の秘密は……謎のまま!?
では「口伝えの食べ物の交換」から「愛の行動」へ、人間はどうやってキスを進化させたのでしょう? 残念ながらその答えはまだわかっていません。冒頭でご紹介した「キス学」の学者たちが目下研究中であります。ある最新の研究では、「女性は、より健康で生存率の高い子孫を生むため、遺伝子レベルで優れた男性を潜在的に見極める嗅覚を持っている。そしてキスという親密な行為がそれを可能にしていったのではないか」と考えているそうです。

いかがでしたでしょうか。いずれにしても、キスの歴史はまだ謎に包まれたままのようです。でもそれでいいような気もします。ミステリアスな方が素敵だもの。

Porchより)

Canonの一眼レフのkissかと思った(現実逃避


なんででしょうね。

あんなにやりまくってるのに、起源すらわからないという。

意外と、非常識な行為だったのが、常識の行為に変わったとかだったら面白いんですけれども。


花色ヘプタグラム[アダルト]花色ヘプタグラム [アダルト]
Windows

Lump of Sugar 2012-10-26

Amazonで詳しく見る
大図書館の羊飼い 初回限定プレミアムパック【Amazon.co.jp限定オリジナル特典コースター付き】[アダルト]大図書館の羊飼い 初回限定プレミアムパック【Amazon.co.jp限定オリジナル特典コースター付き】 [アダルト]
Windows

オーガスト 2013-01-25

Amazonで詳しく見る



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。