ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2494

米空軍、宇宙ゴミから地球を守る『フェンス』の増強を計画

すいません。画像の表示ができないです・・・

宇宙空間を漂う危険なゴミから地球を守るため、米空軍は地球の周辺を監視する「宇宙フェンス」の増強を計画している。

空軍は1960年代初めごろから地球周辺にレーダー信号を張り巡らし、宇宙空間を高速移動するロケットや衛星の破片といった「宇宙ゴミ」を監視。「宇宙フェンス」はそのプロジェクトの一環として設置されていた。

現在監視している宇宙ゴミの数は約2万ほど。しかし実際の規模はこの10倍にもなるといわれ、破片の大きさはソフトボール大からバスほどの大きさのものまで多岐にわたる。

こうした破片は大小を問わず、国際宇宙ステーション(ISS)などの有人施設にとっても、地球軌道を周回する多数の人工衛星にとっても危険な存在だ。

宇宙船や衛星に宇宙ゴミが衝突する恐れがある場合、空軍から米航空宇宙局(NASA)や民間の運営会社に通報する。

米防衛企業レイセオンの宇宙フェンス計画担当者は「衝突すれば破片がさらに増える。時が経過するほど事態は悪化の一途をたどり、改善に向かうことはない」と言う。

しかしこのフェンスが老朽化し、修復しなければ危険を見過ごしかねない状況になっている。空軍は約35億ドル(約2800億円)をかけ、民間に委託してシステムを増強する計画で、レイセオンとロッキード・マーティンの2社が、小さな破片も含めてさらに多くの宇宙ごみを監視できるシステムを提案中。年内にも発表がある見通し。

空軍の計画では2基のレーダーシステム設置を予定しており、うち1基は南太平洋のマーシャル諸島に設置する。新システムを現在のシステムと連携させて、監視態勢の強化を図る。建設は2013年末をめどに着工し、17年の運用開始を目指す。

CNNより)

いっそのことスペースデブリを消しちゃえよ。

そう思うのですが、どうやって消すんだという話です。

どうにかして減らせないものかな。


人工衛星の“なぜ”を科学する―だれもが抱く素朴な疑問にズバリ答える!人工衛星の“なぜ”を科学する―だれもが抱く素朴な疑問にズバリ答える!
NEC「人工衛星」プロジェクトチーム

アーク出版
売り上げランキング : 30906

Amazonで詳しく見る
もしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引きもしも宇宙を旅したら 地球に無事帰還するための手引き
ニール・F・カミンズ,三宅 真砂子

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 352187

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。