ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2506

ロシアのサイバー攻撃にグルジアがマルウェアで反撃、「ハッカー」の写真を公表

すいません。画像の表示ができないです・・・


 ロシアからサイバー攻撃を受けたと訴えているグルジア政府が、この攻撃への関与が疑われる男のコンピュータにマルウェアを仕込み、Webカメラで写真を撮影することに成功したとして、男の顔写真を公表した。セキュリティ企業の英Sophosがグルジア政府緊急対策チーム(CERT)の報告書を引用して10月31日のブログで伝えた。

 それによると、2011年初めにグルジアのニュースサイトがハッキングされ、重要情報を盗み出すマルウェアがグルジア国内でまき散らされた。このマルウェアは感染したPCのWebカメラを使って会話を盗み聞きする機能も持っていたとされ、政府機関や銀行、重要インフラなどのコンピュータが被害に遭ったという。

 これに対する反撃として、グルジアCERTは意図的に自分たちのPCをこのマルウェアに感染させ、「Georgian-Nato Agreement」という名称のZIPファイルを置いて、攻撃側の目に留まるよう仕向けた。

 ハッカーは狙い通りにこのファイルを盗み、グルジアCERTがファイルに仕込んでおいたマルウェアを実行。これでグルジアCERTはハッカーのPCを乗っ取ることに成功し、Webカメラを使って、PCの前にいた男の写真を撮影した。

 男のコンピュータからは、マルウェアの使い方について説明したロシア語の電子メールなどが見つかったほか、男の所在地、ISP、メールアドレスといった情報も入手。男が使っていたドメインは、モスクワのロシア内務省の関連施設の住所で登録されていて、ロシアの情報機関、ロシア連邦保安庁(FSB)の所在地と近いことも分かったとしている。

 さらに、グルジア国内の感染コンピュータ制御用に使われていたWebサイトは、悪名高いロシアの犯罪集団「Russian Business Network」(RBN)と関係していることも分かったという。

 グルジアとロシアの間では、2008年にグルジアの南オセチア自治州をめぐって武力衝突が起き、この衝突に関連した「サイバー戦争」の発生も伝えられていた。

ITmediaより)

ハッカーってノートPC使うのかな?

でも、ハッカーがATXのPC使うのPCケースを使ったデスクトップPCでハッキングするってイメージできないしな。

それにしても、まんまと罠にハマったんですが。

せめて、webカメラは塞いでおけよ。


Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 256GB CT256M4SSD2Crucial 2.5インチ 内蔵型 SATA3.0対応 M4 SSDシリーズ 256GB CT256M4SSD2


Crucial Technology
売り上げランキング : 435

Amazonで詳しく見る
Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】
Windows

インテル
売り上げランキング : 381

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。