ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2667

関係者が語る、米軍が描いた”月に核爆弾”極秘構想

すいません。画像の表示ができないです・・・

米空軍が冷戦時代に練っていた月で核爆弾を爆発させる極秘計画について、プロジェクトを主導した物理学者のレナード・ライフェル氏(85)が29日までにシカゴの自宅でCNNの取材に応じ、計画の内容や当時の時代背景について語った。

当時は米国と旧ソ連の間で核軍拡競争が続いていた時代で、ソ連は世界初の人工衛星「スプートニク1号」の打ち上げにも成功、米国は宇宙競争で後れを取っていた。

こうした中で1958年に始動したのが、「月面調査飛行」(別名プロジェクトA-119)というプロジェクト。CNNは、何年も前に極秘扱いが解除されていた同プロジェクトに関する59年の報告書を入手した。

ライフェル氏はこの構想について、「当時はガガーリン(人類初の有人宇宙飛行に成功したソ連の宇宙飛行士)やスプートニクをはじめとするソ連の偉業に対し、不安が高まっていた。米国は、ソ連と比べて弱小な存在に見られることを恐れた。つまり、これは米国が抑止力を維持し、地球上での大戦を避けることができると人々に安心させるための構想だった」と解説する。

報告書には、月で核爆弾を爆発させれば「宇宙戦争のための核能力」に関する情報が得られるはずだと記されている。ライフェル氏によると、大陸間弾道ミサイルを月に向かって発射し、着弾した衝撃で爆発させる計画だったといい、当時の報道によれば、第2次大戦中に米軍が広島に落としたのと同じ規模の核爆弾を使うことが検討されていたという。

さらに当時の米軍関係者の間では、月を軍事基地として利用することについて論議が交わされ、月面に核兵器発射場を建設する構想もあったという。もしもソ連が核兵器で米国を先制攻撃し、米国の反撃能力が失われた場合、月面からミサイルを発射するという筋書きだった。


「恐ろしい構想だ。永久にSFの域にとどまることを願う」とライフェル氏は振り返る。59年になると構想に対する懸念の方が強まり、結局、プロジェクトは中止された。「我々は地球からさらに放射能を送り込んで月の自然放射能を増やすことは望まなかった」とライフェル氏は言う。

同プロジェクトには、後に「コスモス」などの著書で有名になる天文学者の故カール・セーガン氏も加わっていたという。ライフェル氏は、セーガン氏が規定に違反して、当時まだ機密扱いだった同プロジェクトのことを漏らしてしまったというエピソードも打ち明けた。

CNNより)

宇宙人の基地があるほうが夢がありますよ。

でも、冷戦中を考えると、そんなことも考えてもおかしくはないです。

スターウォーズ計画は完全にSFじゃないですか。

宇宙を制したものが世界を制するっぽいですけど、こんな小さな空間で小競り合いしても虚しいだけですよ・・・。


宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing)宇宙に上手にお願いする法 (Successful wishing)
ピエール フランク,Pierre Franckh,中村 智子

サンマーク出版
売り上げランキング : 1389

Amazonで詳しく見る
宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)宇宙は本当にひとつなのか―最新宇宙論入門 (ブルーバックス)
村山 斉

講談社
売り上げランキング : 10088

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。