ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2725

世界汚職国家ランキング、北朝鮮とソマリアが今年も最悪、日本は17位

すいません。画像の表示ができないです・・・


中国は世界第2位の経済大国になったが、ビジネスを行う側にとっては汚職大国でもある――。汚職を監視するドイツの民間団体「トランスペアレンシー・インターナショナル」は、最新の世界汚職度ランキングを5日、発表した。

中国の汚職度は世界176カ国・地域の80位で、前年から5位ランクダウン。「経済大国たるもの、政府機関を完全に透明にし、トップに説明責任を持たせるといった手本を世界に示すべきだ」と同団体は指摘する。

汚職が最も少ないのはデンマーク、フィンランド、ニュージーランドにスウェーデン、シンガポールといった国々。米国は、17位の日本と英国に続く19位だった。

一方、最悪だと判定されたのはソマリアと北朝鮮、アフガニスタンの3国。スーダンとミャンマーがこれに続く。

汚職の問題を抱える新興工業国は中国だけではないようで、インドは94位、ロシアは133位だった。

欧州では厳しい財政緊縮政策が実行されたギリシャが去年の80位から94位へと転落した。

トランスペアレンシー・インターナショナルは、汚職の横行が最もひどい状況をゼロ、最も清潔な状況を10としてポイントを算出した。同団体のホームページによれば、公式統計の数字が実情を示しているとは限らないため、ポイントは「公共部門の汚職に対する評価を提供する立場にある人々の認識」に基づいて算出されたという。

▼上位25位の国々
1
デンマーク
14
香港
 
フィンランド
15
バルバトス
 
ニュージーランド
16
ベルギー
4
スウェーデン
17
日本
5
シンガポール
 
イギリス
6
スイス
19
アメリカ
7
オーストラリア
20
チリ
 
ノルウェー
 
ウルグアイ
9
カナダ
22
バハマ
 
オランダ
 
フランス
11
アイスランド
 
セントルシア
12
ルクセンブルク
25
オーストリア
13
ドイツ
 
アイルランド

CNNより)

こんな評価は、偏見の塊でしょ。

それでも、ミャンマーは意外でした。

ただ、ミャンマーの内政を知らないだけですけれども、そんなに悪いのか。

一応、参考資料がありましたので、暇な方はどうぞ。(→コレ


世界の汚職 日本の汚職 (平凡社新書)世界の汚職 日本の汚職 (平凡社新書)
石井 陽一

平凡社
売り上げランキング : 537295

Amazonで詳しく見る
金GOLD 知っておきたい大切な知識 ---たとえば「金の価格」は、どこで、どう決まるのか? (KAWADE夢文庫)金GOLD 知っておきたい大切な知識 ---たとえば「金の価格」は、どこで、どう決まるのか? (KAWADE夢文庫)
博学こだわり倶楽部

河出書房新社
売り上げランキング : 226672

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。