ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2763

韓国『北朝鮮の衛星打ち上げを認めるが、衛星は非常に初歩的なもの』と負け惜しみ

すいません。画像の表示ができないです・・・


北朝鮮が発射した事実上の長距離弾道ミサイルについて、韓国政府は12日、射程1万キロ程度で、米本土の西海岸に到達する能力があるとの見方を明らかにした。飛行コースも事前に通報したルートをほぼ正確にたどっており、北朝鮮がミサイル開発技術を向上させたことをうかがわせた。「核保有国」としての地位の主張を強める北朝鮮は3回目となる核実験の準備も進めているもようで、日米韓は北朝鮮の動きにさらに警戒を強めている。
 韓国の金寛鎮国防相は12日の国会で、今回発射された北朝鮮の事実上の長距離弾道ミサイルについて「射程1万キロ程度であることは間違いない」と指摘した。
 これに関連して、聯合ニュースは1段ロケットの燃焼時間が156秒で、4月の発射時より26秒長いとして、「射程も(4月の)1万キロ以上から1万3000キロ以上に延びたと専門家らが推定している」との軍消息筋の話を伝えた。1万3000キロ以上とすれば、米本土全域が射程に入る。北朝鮮は研究機関で追加のミサイルを製造・開発しているとの情報もある。
 北朝鮮が「衛星の軌道投入に成功した」と発表したことについて、金国防相は「予定された軌道に入ったというのが米韓共同の評価だ」と語り、成功を認めた。ただ、「(衛星とされる物体は)重量100キロ程度で、非常に初歩的なものだ。実質的に衛星の役割は果たせないのではないか」と指摘した。さらに、「核搭載の大陸間弾道ミサイル(ICBM)を製造したとは考えていない」と述べ、核兵器の小型化には成功していないとの見方を示した。

時事ドットコムより)

初めのうちは初歩的なものからでしょ。

実質的な衛星の役割を果たせないとはいっても、衛星は衛星ですし。

韓国も、初歩的ところからもう一度やり直したらどうですかね?

基本は大事ですよ。


人工衛星をつくる−設計から打ち上げまで−人工衛星をつくる−設計から打ち上げまで−
宮崎 康行

オーム社
売り上げランキング : 108156

Amazonで詳しく見る
完全図解・宇宙手帳―世界の宇宙開発活動「全記録」 (ブルーバックス)完全図解・宇宙手帳―世界の宇宙開発活動「全記録」 (ブルーバックス)
渡辺 勝巳,JAXA(宇宙航空研究開発機構)

講談社
売り上げランキング : 13805

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。