ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2769

”Canon 5D Mark II”を生贄に、野生のライオンの貴重な姿の撮影に成功

すいません。画像の表示ができないです・・・


ある日、エド・ヘザリントン(Ed Hetherington)さんは野生動物の撮影でジンバブエを旅していました。彼は、まさか自分のカメラがライオンの餌食になるなんて思ってもみなかったことでしょう。ああ、まさかこんなことが起きてしまうんて...。

エドさんは動物たちを地面すれすれの目線でとらえるため、Canon 5D Mark IIでリモコン撮影をしていました。そして、ライオンの食事する姿を撮ろうと、死後まもないバッファローの近くにカメラを設置したときのこと。

「グ...ガルルルル...?(ん、なんだこれ?)」

ライオンの興味は、なんと餌ではなくエドさんのカメラへ向いてしまいました...。

結果、エドさんの5Dはボロボロに...。しかし、襲われる動物の目線で捉えたライオンの姿や、獲物をくわえて悠然と歩き回るライオンなど、自然界の貴重なショットをおさめることに成功しました。野生ライオンが迫ってくる様子は非常にハラハラしますが、前足がちょっぴりかわいいですね。

ギズモードより)

ライオンの中では、Canon 5D Mark II>餌だったんだな。

確かに、Canon 5D Mark IIはボディだけでも14万ぐらいするし、野生動物を撮影するぐらいですから、レンズもそれなりの価格をしたでしょうし。

野生のライオンもカメラの価値がわかるのか。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 5D MarkII ボディ


キヤノン
売り上げランキング : 792

Amazonで詳しく見る
Canon  EOS 6DボディCanon EOS 6Dボディ


キヤノン
売り上げランキング : 770

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。