ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2834

日常生活の『幸福度』調査、最下位はシンガポール

すいません。画像の表示ができないです・・・


米世論調査企業ギャラップ社は22日までに、笑いの頻度や休息時間の大小など日常生活の「充実度」に関する世界148カ国を対象にした調査結果を発表し、最も「不満」を抱いていたのはシンガポール国民だったと報告した。逆に満足感が最も多かったのは中米パナマと南米パラグアイだった。


「幸福度」が高い上位10カ国のうち中南米諸国が8カ国を占めた。

調査は昨年、148カ国の国民約1000人ずつを対象に実施。前日の生活で「十分休めたか」「何か面白いことがあったり興味を持てることをしたりしたか」「たくさん笑ったか」「敬意をもって接しられたか」などの5項目を質問。「はい」「いいえ」の回答率を比較対照することで、各国民のプラス思考や人生への前向きな態度、感情の表現度などを探った。


1人当たりの国内総生産(GDP)では世界でも最上位級のシンガポールでは、これら5項目に「はい」と答えたのは46%。一方、貧困国とされる中米ハイチや国内紛争が依然続くアフガニスタンではこの比率は55%で、内戦が長引くシリアでは60%だった。

ギャラップ社によると、米国のエコノミストは年間の所得額が日々の幸福感の大小に響くことを突き止めたと報告。この心理の分水嶺となる金額は年俸が7万5000ドル(約630万円)としている。これ以上稼ぐ米国民になると幸福度にそう差異はないと指摘した。

質問の5項目への「はい」の回答率では、パナマとパラグアイが85%。エルサルバドルとベネズエラの84%、トリニダード・トバゴとタイが83%、グアテマラとフィリピン82%、エクアドルとコスタリカの81%などが続いた。

日本は72%と肯定の比率が高い部類に入った。

逆に低かったのは、シンガポールを除き、アルメニア49%、イラク50%、グルジアとイエメン、セルビアの3カ国が52%、ベラルーシ53%、リトアニアとマダガスカルが54%、アフガニスタン55%などだった。

CNNより)

そりゃ、日常生活でアレほど罰則を気にせざるを得ない生活を強いられたらそうなりますよ。

反面、日本は比較的高いようですけど、そうなのかな。

十分に休めたかっていう質問は、聞く人を変えれば0時間から24時間までいますし、この部分は疑問です。


Amazon.co.jp限定 羽毛布団 シングル ポーランド産ホワイトダックダウン90%使用 日本製 エクセルゴールドラベル 628543BOAmazon.co.jp限定 羽毛布団 シングル ポーランド産ホワイトダックダウン90%使用 日本製 エクセルゴールドラベル 628543BO


ボーマ (BOMA)
売り上げランキング : 700

Amazonで詳しく見る
YAMAZEN 継脚付 折脚カジュアルこたつ (60正方形) HFL-600(B)YAMAZEN 継脚付 折脚カジュアルこたつ (60正方形) HFL-600(B)


山善
売り上げランキング : 1506

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。