ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2887

150年先までの未来展望を実現可能性と分野別にわかりやすく示した図

すいません。画像の表示ができないです・・・


このインフォグラフィックは上から下に向けて年代順に並んでおり、色分けは赤がコンピュータ&ロボット工学、黄色が政治&ビジネス、緑が科学&自然、青が社会、灰色が技術と分野別になっています。また、項目の後ろに書いてある分数はオッズで、左側にあるほど実現度合いが高そうなもの(=オッズが低い)、右側にあるほど実現度合いが低そうなもの(=オッズが高い)となっています。

2013年にもっともありそうだと考えられているのは「患者は医療アプリ経由で医者から診察を受ける」というもの。それに続いて「中国の人々がグローバル情報にアクセスすることをグレート・ファイアウォールが防げなくなる」が来ていますが、中国ではネットユーザーの実名登録を義務化するなど「開かれたインターネット」と逆行する動きが見られます。「写真共有SNSのPinterestがGoogleに買収される」というのは確かに近そう。一方、実現は遠そうだとされているのは「科学の分野でアメリカが中国に追い抜かれる」「Google Earthにより自分の近所を舞台にしたバーチャルゲームが遊べるようになる」の2つ。

すいません。画像の表示ができないです・・・

2017年までの5年間で実現しそうなのは「コンピューターが嗅覚を得る(2017年)」「中国の金備蓄量がドイツを上回る(2016年)」「アメリカでデジタル通貨が使われるようになる(2015年)」など。気になるのは「夏の間、北極地方の氷がなくなる(2016年)」というもので、こういった悪い展望については「ディストピア(ユートピアの反対、暗黒郷)」というグレーのラインで縦につながっています。一方で「人々はスマートフォン経由でお互いを触れるようになる」というスゴイものもあり、こういうものは「ユートピア」という白いラインでつなげられています。

10年先、2022年までに実現しそうなこととしては、ユートピアにつながるものとして「高解像度の義眼が発売される(2019年)」「核融合の実証実験に成功する(2020年)」などがあり、ディストピア側では「アラル海が完全に干上がる(2020年)」というものが挙げられています。

25年先、2037年までに実現しそうなこととしては「多くの航空機がパイロット不要になる(2030年)」「チェルノブイリ近郊が国立公園になる(2035年)」など。ユートピアの展望はなく、ディストピアとして「アメリカでは体内に埋め込むタイプの追跡システムが人口の50%以上で使用されるようになる(2025年)」「中国が月の領土を要求する(2030年)」などが挙げられています。

100年先の2112年までには「火星基地が設置される(2060年)」「最初のクローン人間が登場(2062年)」などが実現するかもしれないほか、2100年ごろには新たな氷河期がスタート。アメリカでは税制が廃止されたり、人工知能が起業したりするかもしれません。

そして、2150年ごろには、人類の寿命は150年を越えてしまう……かも。

GIGAZINEより)

どこまで本当でしょうか。

2014年までには、自分の遺伝子を100ドル以下で解読できるようになるそうです。

来年の話ですよ。

ここまで進歩してたっけ・・・?

ただ、人類の寿命が150歳を超えるのは、そんなに遠い未来の話ではないと思いますよ。


∞未来∞未来
橋本みゆき,羽鳥風画

ランティス
売り上げランキング : 38647

Amazonで詳しく見る
未来日記 VICTORINOX コラボマルチツール 由乃(瞳) モデル未来日記 VICTORINOX コラボマルチツール 由乃(瞳) モデル


エーシージー
売り上げランキング : 19866

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。