ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

2988

Activision Blizzardが『不気味の谷』を克服を目指す次世代キャラクターレンダリング技術を発表

すいません。画像の表示ができないです・・・


新しい映像技術や来る4K時代の幕開け、そして様々な進化の方向性を提示する新ハードの台頭に加え、まことしやかに囁かれるコンソール機の世代交代など、次世代到来の足音が日に日に強くなる昨今ですが、新たにActivision Blizzardが3月25日からサンフランシスコで開催されるビデオゲーム開発者向けの大規模イベントGDC 2013にて、次世代向けのフォトリアリスティックなキャラクターのリアルタイム表現にフォーカスしたパネルディスカッション“Photorealistic Eyes Rendering and Deformation”を開催することが明らかになりました。

このパネルはActivision Blizzardでリアルタイムグラフィック技術の研究開発を進めている研究者Jorge Jimenez氏が登壇し、モダンなビデオゲームにおける目標の1つである超現実的なキャラクター表現に不可欠とされるSubsurface Scatteringレンダリング(SSS)や、現実的な“目”のシェーディング、アンチエイリアス、DoF、フィルムグレイン(※ 現実的な空気感を与えるノイズ)に関する講演を行うもので、パネル中にはActivision Blizzardのキャラクターアセットから今後同社が目指しているビジョンを示す技術映像の上映も行われるとのこと。

なお、GDCパネルの概要には、Activision Blizzardのゴールがリアルタイム技術と芸術的なディレクションにより“不気味の谷”を克服することだと記されており、この克服が本当のビリーバビリティを持つキャラクターの誕生に向けた第1歩だと記しています。


「Activision Blizzard」
“目”シェーディングを適用しないイメージ、ゲームのキャラクター感が強い
「Activision Blizzard」
“目”シェーディングを適用するだけでキャラクターのビリーバビリティはここまで改善される

doope!より)

今のゲームのキャラクターに不気味の谷効果を感じた記憶はないんだけど・・・。

GTAV内に出てくるキャラクターって、動かなければ本物そっくりの人ですし、あれは凄いなと思います。

GTAVIになったら、こういう次世代キャラクターレンダリング技術が使われるのか。

GTAの進化を見ていると、技術の最先端の推移が見える気がしないでもありません。


学生・教職員個人版 Adobe After Effects CS6 Windows版 (要シリアル番号申請)学生・教職員個人版 Adobe After Effects CS6 Windows版 (要シリアル番号申請)
Windows

アドビシステムズ
売り上げランキング : 721

Amazonで詳しく見る
After Effects CS5 逆引きデザイン事典 PLUSAfter Effects CS5 逆引きデザイン事典 PLUS
高木 和明

翔泳社
売り上げランキング : 41144

Amazonで詳しく見る

関連記事
スポンサーサイト
  • Date : 2013-01-23 (Wed)
  • Category : ゲーム
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。