ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3065

史上最大の素数が発見!!史上最大の素数が発見!!

すいません。画像の表示ができないです・・・

素数探索プロジェクト「GIMPS(Great Internet Mersenne Prime Search)」は2月5日(米国時間)、新たな最大素数が発見されたと発表した。

17桁1,700万桁を超えるこの素数「2の57,885,161乗-1」は、48番目のメルセンヌ素数でもある。この素数は、セントラル・ミズーリ大学のカーティス・クーパー教授のコンピューター上で、1月25日に発見されたという。

メルセンヌ素数とは、Mp=2のn乗-1(2の累乗数よりも1小さい自然数)で表せる素数のこと。0から25,964,951までの数字に素数は162万2,441個あるが、そのうちメルセンヌ素数はわずか42個しかない。

48番目のメルセンヌ素数は、GIMPSプロジェクトの下で発見された。同プロジェクトは17年前から、ボランティア参加者のコンピューターを用いた素数の計算、探索を行っている。

GIMPSプロジェクトは、今回の48番目を含め、これまでに14個のメルセンヌ素数を発見している。前回の発見は2009年4月だった。GIMPSの規定により、発見者のクーパー博士には3,000ドルの賞金が授与される。

GIMPSのウェブサイトによると、この数字が素数であることを確認するために、クーパー博士のコンピューターは39日間連続で計算を行ったが、さらにいくつかの異なるソフトウェアとハードウェアを使っても確認されたという。

32コアのサーヴァーは、「Mlucas」というプログラムを利用して素数であることを確認するのに6日間を要した。「CUDALucas」プログラムとNVIDIA製グラフィックスカード「GeForce GTX 560 Ti」を使った確認は7.7日間を要し、「GIMPS」ソフトウェアを使用するインテル製CPU「Core i7」は4.5日間を要した(MlucasやCUDALucasは、素数判定法の「リュカ-レーマーテスト(Lucas-Lehmer primality test)」を行うプログラム)。

GIMPSのアルゴリズムは、リチャード・クランダルが、1990年代初めに開発したものだ(同氏はアップルの暗号技術部門責任者や、同社のアドバンスト・コンピュテーショナル・グループの責任者等を務めたコンピューター科学者だが、2012年12月に64歳で亡くなった)。

WIRED.jpより)

何故に、GTX560ti・・・。

ここまでくると、求めてどうするんだ?って思いますが、知りたいんだからしょがない。

14個のメルセンヌ素数を見つけてるんですから、もう2個ぐらい見つけて欲しいです。


MSI GeForce GTX660 搭載ビデオカード オーバークロックモデル オリジナルファン採用 日本正規代理店品 VD4776 N660GTX Twin Frozr III OCMSI GeForce GTX660 搭載ビデオカード オーバークロックモデル オリジナルファン採用 日本正規代理店品 VD4776 N660GTX Twin Frozr III OC


MSI COMPUTER
売り上げランキング : 338

Amazonで詳しく見る
Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】Intel CPU Core i7 3770K 3.5GHz 8M LGA1155 Ivy Bridge BX80637I73770K【BOX】
Windows

インテル
売り上げランキング : 222

Amazonで詳しく見る


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。