ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3129

LED照明のサイズを10分の1にし、長寿命化する技術が開発!!

すいません。画像の表示ができないです・・・


長寿命・省エネ効果で需要が広がっているLED(発光ダイオード)のサイズを10分の1に小型化し、しかもより長寿命にする画期的な技術を長岡技術科学大学工学部の伊東淳一・准教授と博士課程の野下裕一さんが開発した。2013年2月12日、独立行政法人科学技術振興機構や同大学など主催の「新技術説明会」で発表した。

LED照明は電球や電球型蛍光灯に比べて寿命が長く、発光効率がよいが、伊東さんらはさらに改善の余地がないかを研究した。その結果、LEDを駆動する点灯回路に使われている多数の電子部品が体積を増やしていること、LED本体よりも寿命の短い部品(電解コンデンサ)が全体の寿命を決めていること、点灯回路のスイッチングによってテレビやラジオの妨害電波が出る、などが浮かび上がった。

伊東さんらは部品を極力使わない回路を考えた。電解コンデンサはLEDにかかる電圧を一定にするために使われていたが、いろんな電圧で発光するLEDを並べ、電圧に応じて順次点灯する方式にすれば、使わずに済むことがわかった。LED本体の寿命である4万時間以上の長寿命が期待できる、という。また、コンデンサやコイルなど大型部品をなくして半導体と抵抗だけの回路にしたため、体積は9割減で小型できる。厚みが不要になるので、薄い平面状のLED照明も作れ、ノイズ電波も解消した。MRI(磁気共鳴断層撮影)装置などノイズを嫌う機器の多い病院などでも使えそうだ。

「新しい形や分野でのLED照明が可能になる。社会全体の省エネに役立つと思う」と、伊東さんらは話していた。

Jcastニュースより)

体積を10分の1とは、すごい削減です。

最近の信号機はLEDが使われていますけど、あれが鉄板にLED板を貼り付けただけになる時代も来そうです。

紙ほど薄かったら、天井に貼り付けるタイプとかできそうです。


東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球 一般電球形 5.6W(密閉器具対応・フィンレス構造・E26口金・白熱電球30W相当・420ルーメン・昼白色) LDA6N/3東芝 E-CORE(イー・コア) LED電球 一般電球形 5.6W(密閉器具対応・フィンレス構造・E26口金・白熱電球30W相当・420ルーメン・昼白色) LDA6N/3


東芝
売り上げランキング : 43

Amazonで詳しく見る
【Amazon限定】 単3型電池1本駆動 高輝度LEDハンディーライト 2本セット RL-AABK2-Y【Amazon限定】 単3型電池1本駆動 高輝度LEDハンディーライト 2本セット RL-AABK2-Y


ルートアール
売り上げランキング : 288

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。