ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3134

隕石落下のビデオがYouTubeにあふれた理由はロシアの独特の“車事情”から

すいません。画像の表示ができないです・・・


ロシアのチェリアビンスク地方に落ちた隕石で、 推定500名の負傷者(その後の報道では1200名)が生じた。モスクワから900マイル、ウラル山脈の近くのその地に、一体何ごとが起きたのかと人びとが色めき立っているとき、彼らの野次馬欲を満たしたのが、一般人が車のダッシュボードから撮影したしろうとビデオだった。

ロシアでは、車のダッシュボードにビデオカメラを据え付けている人が多い。それは、証拠画像を録画しておいて、事故のときに自分の立場を守るため、あるいは悪徳警官に交通違反の罰金(と称するワイロ)を取られるのを防ぐためだ。

Marina Galperinaという人が、こう説明している:

ダッシュボードカメラの記録は、裁判で自分の主張を裏付けるための唯一の方法だ。目撃者は、あてにならない。接触事故は日常茶飯事であり、保険会社は被害者の主張を拒否することで悪名高い。車両込みの保険は保険料がきわめて高く、車の車歴が10年以上なら認められない。事故の大小を問わず、先方の加害者ないし被害者は警察に必ず嘘をつく。追突は、ほとんどの場合当て逃げだ。保険は加害者が見つかって訴えられないかぎり下りないから、ダッシュボードのカメラが逃走する車のナンバーを記録していることが、とても重要なのだ。

〔上の文の一部は、Wikipediaの記事からの引用。〕

ロシアのダッシュボードカメラの数については、約100万という推計がある。これまでにもYouTube上には、無謀運転や車からの銃撃など、とんでもない運転シーンをロシアの人びとが撮った、おびただしい数のビデオが氾濫している。そのすべてが、ダッシュボードカメラから撮られたものだ。そして今回は、ロシアの一般市民ドライバーが、隕石の落下を報じる市民ジャーナリストに変身したのだ。

Tech Japanより)

確かに多いなと思ったら、そういうことだったのか。

ロシアの保険会社もなかなか悪どい商売してますし、事故の当事者も嘘つきですし。

見を守れるのは、自分の撮った動画だけと思うと、ロシアではウォッカの次に命を護るものですね。

ロシアで車を運転する時は気をつけよう。

ロシアで運転する機会なんて、死ぬまで無いと思うけどね。


Mobile-i Full HD ドライブレコーダー DP-R03 ブラック 日本語版説明書付Mobile-i Full HD ドライブレコーダー DP-R03 ブラック 日本語版説明書付


ORIENTAL INSPIRATION LIMITED
売り上げランキング : 395

Amazonで詳しく見る
HD高画質 常時録画型 ドライブレコーダー HD-VC720PBHD高画質 常時録画型 ドライブレコーダー HD-VC720PB


ルートアール
売り上げランキング : 4114

Amazonで詳しく見る



関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。