ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3179

PlayStation4の製品版スペックは未定、筐体はデザイン中

すいません。画像の表示ができないです・・・


発言の主はソニー・コンピュータエンタテインメント アメリカ (SCEA)のトップ Jack Tretton 氏。PlayStation Meeting 2013 での プレイステーション4 発表から一夜明けて、SCEの幹部連が各メディアとのインタビューに答えるなかでのコメントです。
トレットンさんがリンク先 AllThingsD に「なぜPS4本体を見せなかったのですか?」と問われた答えは、ゲーム機は実際に製品を買って手に入れても、本体を見るのは開封したときと後はディスクを入れるときくらいで、プレーヤーが実際に目にするのはスクリーン(に映ったコンテンツ)のほう。だから、今回はスクリーンに注目させたかった、というもの。PS4の外見については、これから発売までには何度か機会があり、単に最初のイベントでは見せないことを選んだだけ、としています。

では用意はできているのか?との質問に対しては:「プレイアブルなゲームをお見せすることはできますが、取り出して見せられる量産段階の製品はまだありません。製品版は、仕様についてもデザインについてもまだ開発中です」。

というわけで、そもそも発売が今年年末(予定)と先の製品ではあり、発表されたスペックシートの下にはお約束の「※仕様については予告なく変更される場合があります。 」との注意書きもあることから、仕様がファイナルでないことは何ら不思議ではありません。

さらにいえば、プレイステーションに限らず従来のゲーム機ビジネスでは最初の製品スペックが対応ソフトのフォーマットとして固定されてしまい、数年単位でライバル陣営との競争に影響をおよぼすことから、仕様や価格、発売日についてはまるでカードゲームのようにブラフや牽制を重ねることが常となってきました。

たとえば製品版よりかなりリッチな開発機の映像を「実機です」と披露したり、誰も真に受けない発売日をライバルと重ねてみたり、単なる構想をさも製品仕様のようにアピールしたり等々。

プレイステーション4も、かなりPCライクで素直な構成のように見せかけて、詳細が語られないプラスアルファの部分に驚愕の隠し球が潜んでいるかもしれません。

Engadgetより)
戦略ゲームだよね。

しかし、最初の発表通りのスペックより下になると、買う気が失せますね。

流石にスペックダウンはやらないで欲しいです。

筐体のデザインはデザイン中って、本当に今年の末に出すつもりあるんかいな。

これだと、次の発表はまだ先になるかもしれないな。






関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。