ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3190

LHC、修理とアップデートのため2年間停止

すいません。画像の表示ができないです・・・

大事業のあとには、それにふさわしい休息が与えられるものだ。そして、その大事業がヒッグス粒子の発見ならば、長い間休み、英気を養うのは正当だろう。

CERN最大の粒子加速器、LHC(Large Hadron Collider:大型ハドロン衝突型加速器)は先日、行われているすべての活動を終了させた。そして、修理とアップデートのために2年間停止する。すべてがうまく行けば、2014年末には再び動き始めるだろう。

LHCが成功させた事柄のリストを振り返ってみると、非常にシンプルであっけないものとなる。要するに、すべて「HIGGS」の5文字に集約することができる。

科学者たちは、2012年7月に発見された粒子が、まさに幻の素粒子であるヒッグス粒子だったということについて、まだ完全に留保をつけるのをやめたわけではないが、少なくともこれがヒッグス粒子に非常に近い何物かであることは間違いなく、予想された通りの振る舞いを見せ、まさに発見が期待されていた場所で見つかった。

公式に確認されれば、このヒッグス粒子は完全に「標準模型」の難解なパズルの中に組み入れられるだろう。これは、判明しているすべての力と粒子の相互作用を説明する物理学の理論である。

ヒッグス粒子の発見は、確かに小さなゴールではなく、少なくとも2世代にわたる理論物理学者たちの願いを成就させた。しかしながら、科学者たちは、いまのところLHCの成果に少しだけ幻滅している。それはとりわけこの加速器の目的が、ひとつのボース粒子の探索に限定されていたわけではないからだ。

計画の意図していたところでは、LHCはさまざまな新しい亜原子粒子や「エキゾチックな」(科学用語で流行となっている言葉だ)物理現象を発見するはずだった。研究者たちの失望は、アリゾナ州立大学の理論物理学者、ローレンス・クラウスの「もしヒッグス粒子でLHCの発見が終わりなら、大惨事だろう」という言葉によってはっきりとわかる。

なかでも科学者たちは、ヒッグス粒子の発見が、標準模型を超える何かを見せてくれる可能性を与えてくれると期待していた。残念ながら、これに反してヒッグス粒子は頑ななまでに普通すぎることがわかった。理論的な予想で期待されていたものに非常に近く、革新的なことを示唆するものは何もなかったのだ。

「根本的な問題はまだわからないままだ。わたしたちは、いままでにヒッグス粒子が明かすことのできなかった新しい情報を待っている」と、クラウスは続けている。


特に科学者たちは、いわゆる「超対称性」の証拠を観察できることを期待していた。判明している亜原子粒子それぞれに、同一だがより重い「超対称性パートナー」が存在することを予言する理論である。

超対称性によって、標準模型の多くの問題がスマートに解決できるだろう。しかし現在、この予言の厳密な証拠がまだ欠けている。そして、これこそがLHCに期待されているものなのだ。

しかし、希望はまだ完全に失われたわけではない。加速器は、再び動き出すときには、13TeV(テラ電子ヴォルト)の化け物じみたエネルギーを獲得することができるはずだ。いままでの第1期の稼働で到達したエネルギーの約2倍である。

それならば、ひょっとしたらまだ知られていない粒子や力、現象をついに発見することができるかもしれない。そのことがわかるのは、2年後以降になるだろう。

WIRED.jpより)

ヒッグス粒子だけでも凄いと思うんだけど、それじゃ物足りないのかよ。

反物質を1000秒閉じ込め、ヒッグス粒子だろうと思われるものを見つけ、100億度の熱を生み出すことに成功し・・・これ、ここ3年で起こった出来事なんです。

ほかにもいろんな大発見がありますが、このような時代を転覆させかねない発見が3年で起こるんです。

PCの進化を取り上げてみても、進化の速度ありえないってぐらいのスピードじゃないですか。

科学技術って、真面目にどこまで行けるんだろ。


ヒッグス粒子素粒子の世界―科学界最大の関心事が,みるみる理解できる (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)ヒッグス粒子素粒子の世界―科学界最大の関心事が,みるみる理解できる (ニュートンムック Newton別冊サイエンステキストシリーズ)
村山斉

ニュートンプレス
売り上げランキング : 28443

Amazonで詳しく見る
重力はなぜ生まれたのか  - ヒッグス粒子発見に至る希代の物理学者たちの重力探求の道 -重力はなぜ生まれたのか - ヒッグス粒子発見に至る希代の物理学者たちの重力探求の道 -
ブライアン・クレッグ,Brian Clegg,谷口 義明

ソフトバンククリエイティブ
売り上げランキング : 113567

Amazonで詳しく見る


関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。