ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3199

北朝鮮、外国人のモバイルネットを解禁へ

すいません。画像の表示ができないです・・・


北朝鮮を訪れる外国人は、携帯電話で通話できるだけでなく、もうすぐインターネットの閲覧もできるようになりそうだ(電話を押収されなければの話だが)。

平壌在住の外国人たちに対して、モバイルによるネットサーヴィスを3月1日(現地時間)までに利用できるようになるという情報が伝えられた。このサーヴィスは(北朝鮮で唯一の3G通信運営事業者である)Koryolink(コリョリンク)社が提供する。同社は、北朝鮮国営の朝鮮逓信会社(Korea Post and Telecommunications Corporation、KPTC)と、エジプトのOrascom Telecom社が提携して設立した会社だ。

ただし、利用できるのは北朝鮮国外から来た人だけだ。容易に想像できるとおり、北朝鮮国民は、国際電話をかけることも、インターネットにアクセスすることも、依然として禁じられている。

こうした動きは、観光業を中心に収入を得ようとする北朝鮮の思惑の現れのようだ。1月にグーグルのエリック・シュミット会長が訪朝した結果ではない。

「今回の決定は、外貨を得るための動きだろう」と、「Open North Korea」のユンキュン・クォンはNK Newsに対して語っている。「北朝鮮は、同国を訪れた外国人が、撮影した写真やブログをアップロードすることは避けられないことを理解している。今回の決定は、旅行者がこうした情報を発信できるタイミングを少し早めるだけのことだ。旅行中にインターネットを利用できるようにすれば、それだけより多くの外国人旅行者を惹きつけられるようになる。北朝鮮国民のインターネット利用は禁じられたままだ」

価格や、閲覧が禁止されるサイトなどについての情報はわかっていない。

WIRED.jpより)
観光業って、北朝鮮に観光するところなんてあったか?

わざわざ好き好んで行く人がいるから解禁されたんでしょうが。

しかも、国民は禁止したままなんですよね。

国民あってこその国でしょうに。


マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔マンガ 金正恩入門-北朝鮮 若き独裁者の素顔
河泰慶,李英和,崔炳善

ティー・オーエンタテインメント
売り上げランキング : 83420

Amazonで詳しく見る
詳解北朝鮮の実態詳解北朝鮮の実態
西村 金一

原書房
売り上げランキング : 46663

Amazonで詳しく見る
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。