ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

3243

PS4北米発売!MGS発売日公開!その他色々!

すいません。画像の表示ができないです・・・


PS4が北米で発売された!!
ファミ通.comの記事読んでると、お祭り騒ぎですね。

私も参加したかった・・・。

日本はまだまだ発売は先なので、なんとも言えない不満が・・・。

そして、さっきの記事ですけれども、気になる画像が。

すいません。画像の表示ができないです・・・


既に日本語設定可能のようです。

ということはやっぱりソフト不足という理由で、発売を遅らせているんですね。

「お前の国の言語難しすぎるんだよ!」という理由なら納得できるんだが、ソフト不足が理由かあ・・・。

確かにローンチタイトルは殆ど洋ゲーですからね。

龍が如く!ぐらいじゃないですか?国内メーカーが作って、ローンチの弾になるのは。

どっちにしろ受験終わるまで買えないからいいんですけども。

アンチャーテッド新作!!!



詳しい内容はdoope!さんを参照して下さい。

発売は来年かな?

楽しみです。

METAL GEAR SOLID V GROUND ZEROES発売日決定!!

ファミ通が小島監督にインタビューを行っています。(こちら

ちなみに価格と発売日は以下の通り。

発売日:2014年春(Xbox One版は発売時期/価格共に未定)
【PS4】パッケージ版:2980円,ダウンロード版:2480円
【PS3】パッケージ版:2980円,ダウンロード版:2480円
【Xbox 360】パッケージ版:2980円,ダウンロード版:2600円


安い!って思ったら、それはそのはず。グラウンドゼロはファントムペインの掴みの部分なんですから。

本番のファントムペインはPS4が普及してきた頃に・・・らしいです。

オープンワールドですので、時間はかかるようです。

また、グラウンドゼロでPlayStation独自コンテンツとして、“デジャヴ・ミッション”が入るらしいです。

現代の技術を使って再現した、MGSシリーズの有名シーンを再現したものらしいです。

コントローラーを2Pに変える・・・は無いよな。今の時代、コントローラーはワイヤレスだし。

IEさらば!

IEで表示しないと、レイアウトが崩れるサイト・・・どうにかして欲しいです。

どうしても表示しないといけないサイトが一つあるんです。

普通にIE Tabを使って互換表示させた訳なんですが。

今までIE Tabはインストールしていたものの、ページを互換表示していなかったようです。

レンダリングエンジンの切り替えを忘れていた・・・。

この3年間、色々と無駄にしてきたんだなって思った今日です。

それと、関係のないことですが、とあるPCのキーボード(有線)の配線が気に入らなかったので直していました。

古い富士通のPCで、どうもモニタの電源ケーブルと絡まっているらしく、電源消すのもあれなんで、キーボードの線を抜きました。

キーボードの線って言ったら普通に使う場合、今はUSBなのですが、古いのでPS/2です。

無理やり抜きました。絡まっていたのを解きました。挿し直します。入りません。

コネクタの部分見てみたら、ピン1本が曲がっていました。

無理やり抜くのって良くないね。

三角定規で無理やり修正して、無理やり差し込みました。

慣れない事はするものじゃないです・・・。

カスラック!!!

 音楽や映像の権利者団体など85団体が構成する「Culture First」は14日、著作物の複製に対する新たな補償金制度の創設についての提言を発表した。 INTERNET WATCH)


またカスラックか。またカスラックです。

建前は権利の保護。本音は利益増大、または現状維持。

どうやらこの団体、東芝のDVDレコーダーをめぐる裁判によって徴収額がざっくり減ったらしいです。

さらに、2013年上半期では9400万円と、ピーク時の4~5%程度に激減しているらしいです。
すいません。画像の表示ができないです・・・

2013年上半期とは言え、この減り様、ざまあwwwwwとしか言えないレベルです。

それで目をつけたのが、複製機能ということらしいです。

提言のうち「補償の対象は私的複製に供される複製機能とする」という点は、機器や媒体、サービスなどを区別せず、私的複製に供される「複製機能」を補償の対象としようというもので、これによりPCのような汎用機器や、オンラインストレージなどのサービスも対象となることが想定される。



なおかつ、

具体的にどのような機器やサービスが対象となるのかについてはこれから議論していくことだとしたが、今回の提言は「複製機能のあるものはすべて、ということがスタート点」だと説明。基本的な考え方としては、音楽や映像の配信サービスのように、権利者との契約によって提供されているサービスなどは対象として考えておらず、それ以外のものを補償金制度によってカバーしようとするものだとした。



PCだろうとスマホだろうとオンラインストレージだろうと、複製できるものは全て・・・らしい。NHKみたい。

プレリリースもだしています。(こちら

そもそも著作権保護の徴収なのに、民間企業に金が行く事自体おかしいんですけど。

収入が減ったから、徴収範囲増やすって馬鹿じゃねのかなあ・・・。














関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。