ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
-

Trackback

Trackback URL

347

iPone4Sが分解された、そのレポート

iPhone4S


 iFixitによる「iPhone 4S」の分解が米国時間10月13日に進行中である。これまでに判明した主な特徴は、システムメモリと改良されたバッテリである。

 メモリ:iFixitの分解によると、Appleの「A5」チップには512Mバイトのメモリが搭載されているという。これはシステムメモリ、つまりRAMである点に注意してほしい。容量は「iPhone 4」と同じである。

 バッテリ:iFixitによると、AppleはWHr(ワット時)をわずかに(正確には0.05WHr)改良しているという。「目を凝らしてよくよく見てみると、バッテリがiPhone 4よりも0.05WHr改良されている」とiFixitは述べている。iPhone 4Sの3Gネットワーク上の通話時間は、iPhone 4よりも改善されている。iFixitは、iPhone 4Sのスタンバイ時間は100時間短いと付け加えている。これはちょっと覚えておくべき点である。

 AppleのA5 System-on-a-chip(SoC):iFixitの分解と並行して分析を実施しているAnandtechによると、A5はサムスン製で、「iPad 2」に搭載されているものとほぼ同じSoCのようだという。「高いレベルではこの部分に新たな発見は何もない。iPhone 4Sに搭載されているA5は、クロック速度が低く、おそらくは電圧も低い点を除いて、実質的にiPad 2で使用されていたものと同一である。」とAnandtechは述べている。

 Qualcomm製ベースバンド(3G)チップ:iPhone 4SにはQualcomm製の「MDM6610」が搭載されており、iPhone 4に搭載されていたQualcommの「MDM6600」からアップグレードされている。しかし、これによってどのような利点があるのかについてはまだ明らかではない。以前のMDM6600では、最大14.4MbpsのHSPA+のデータ速度とCDMA2000 1xEV-DO Rev. A/Rev. Bがサポートされていた。

 ストレージ/NANDフラッシュチップ:東芝製の16Gバイトのマルチレベルセル(MLC)フラッシュメモリチップ。MLCは一般的に、シングルレベルセル(SLC)フラッシュメモリよりも安価で低速である。
(cent Japanより)

機種 iPhone iPhone 3G iPhone 3GS iPhone 4 iPhone 4S
初期搭載iOS iPhone OS 1.0 iPhone OS 2.0 iPhone OS 3.0 iOS 4 iOS 5
ディスプレイ 3.5 インチ (89 mm), 画面比率3:2, 傷のつきにくい光沢ガラス[13], 262,144色LCD, 480 × 320 px (163ppi) (左記に加えて), 指の汚れなどの撥油コーティング[14] 3.5 インチ (89 mm), 画面比率3:2, アルミノケイ酸ガラス[15],IPS液晶, 960 × 640 px (326ppi),耐指紋性撥油コーティング
グラフィック PowerVR MBX Lite 3D GPU[16] PowerVR SGX535 GPU[17] PowerVR SGX543MP2 (2コア)
ストレージ 4, 8, 16 GB 8, 16 GB 8, 16, 32 GB 8, 16, 32 GB 16, 32, 64 GB
CPU ARM 1176JZ(F)-S[18][19] Samsung S5PC100[17][20] Apple A4[21] Apple A5
412MHz
620MHzからアンダークロック
600MHz
833MHzからアンダークロック
800MHz
1GHzからアンダークロック
ARM 11 ARM Cortex-A8[17][22] Cortex-A8 ベース デュアルコア
Cortex-A9 ベース
L2キャッシュなし L2キャッシュ256KB L2キャッシュ640KB L2キャッシュ1MB
メモリ
DRAM
128 MB[23] 256 MB[17][22] 512 MB[24] 512 MB
Mobile DDR SDRAM Mobile DDR2 SDRAM
通信方式
接続関連
Wi-Fi (IEEE 802.11b/g),
USB 2.0/ドックコネクタ,
GSM/GPRS/EDGE (850, 900, 1800, 1900 MHz)
Bluetooth 2.0 + EDR Cambridge Bluecore4[25]
(左記に加えて)
携帯電話の電波も活用したGPS,
UMTS (W-CDMA)/HSDPA (850, 1900, 2100 MHz)[26],
イヤホンマイク
(左記に加えて)
7.2 Mbit/s HSDPA,
ボイスコントロール, 磁気センサ内蔵コンパス, Nike+iPod,
Bluetooth 2.1 + EDR Broadcom 4325[27],
音声コントロール対応イヤホンマイク
(左記に加えて)
UMTS (W-CDMA)/HSDPA (850, 900, 1900, 2100 MHz)[28],
7.2 Mbit/sHSDPA,5.76 Mbit/s HSUPA,
Wi-Fi (IEEE 802.11n: 2.4 GHzのみ),
3軸ジャイロスコープ,
2つのマイクにノイズキャンセリング,
microSIM
(左記に加えて)
ワールドフォン(UMTS/GSM/CDMA),
14.4 Mbit/s HSDPA,
CDMA EV-DO Rev. A(800、2,100MHz)
Bluetooth 4.0
Siri音声アシスタント
CDMAモデル: CDMA2000/EV-DO Rev. A (800, 1900 MHz)
カメラ 2.0 メガピクセル, 位置情報(ジオタグ) (左記に加えて)3.0 メガピクセル (ビデオ撮影対応, VGAサイズ 30fps), タップでフォーカス調整, オートフォーカス機能, ホワイトバランス, 接写(マクロ)& 露出機能 (左記に加えて)背面: 5.0 メガピクセル 裏面照射型CMOSイメージセンサ (ビデオ撮影対応, 720p HD 30fps), LEDフラッシュ。 (左記に加えて)背面: 8.0 メガピクセル 裏面照射型CMOSイメージセンサ (ビデオ撮影対応, 1080p フルHD 30fps, ビデオ撮影時手ぶれ補正対応), 顔検出対応。
表面: VGAサイズまでの写真とビデオ撮影(30fpsまで)
材質と本体色 アルミニウムとプラスチック ジルコニアイットリウムを用いた材質にシリコンコーティングされたもの[29][30]。本体色は黒と白 (8GBモデルは黒のみ) アルミノケイ酸ガラスとステンレス鋼。本体色は黒と白。
電池 内蔵充電式 リチウムイオンポリマー二次電池[31][32][33]
3.7 V 1400 mA·h[要出典] 3.7 V 1150 mA·h[32] 3.7 V 1219 mA·h[34] 3.7 V 1420 mA·h[35]
連続利用時間(時) 待受: 250
通話: 8
ウェブ: 6
音楽: 24
ビデオ: 7
待受: 300
通話: 5 (3G), 10 (2G)
ウェブ: 6
音楽: 24
ビデオ: 7
待受: 300
通話: 5 (3G), 12 (2G)
ウェブ: 9 (Wi-Fi), 5 (3G)
音楽: 30
ビデオ: 10
待受: 300
通話: 7 (3G), 14 (2G)
ウェブ: 10 (Wi-Fi), 6 (3G)
音楽: 40
ビデオ: 10[36]
待受: 200
通話: 8 (3G), 14 (2G)
ウェブ: 9 (Wi-Fi), 6 (3G)
音楽: 40
ビデオ: 10
サイズ 115 × 61 × 11.6 mm (4.5 × 2.4 × 0.46 in) 115.5 × 62.1 × 12.3 mm (4.5 × 2.4 × 0.48 in) 115.2 × 58.6 × 9.3 mm (4.5 × 2.31 × 0.37 in)
重さ 135 g 133 g 135 g 137 g 140 g

Wikipediaより)




触った感想として、カメラは綺麗ですね。連射もすごく早いですよ。

私の感想はtouch初代と比べてるので当てにはできませんが、ぬるぬる動いて気持ちいいですよ。
関連記事
スポンサーサイト
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。