ブログ内検索フォーム
プロフィール

やーご

Author:やーご
気が向いたら記事を書いています。

634

本当にPC版『The Elder Scrolls V: Skyrim』は日本語でプレイ可能なのか?

日本では,2011年12月8日に発売される予定のファンタジーRPG「The Elder Scrolls V: Skyrim」(以下,Skyrim)。PlayStation 3とXbox 360向けについては日本語版のリリースが予定されているものの,PC版については日本語版発売のアナウンスがなく,どうなるのだろうと思っていたPCゲーマーも多かったはず。そんな中,2011年11月11日に掲載した記事でもお伝えしたように,デベロッパであるBethesda SoftwoksのキーマンであるPete Hines氏がTwitterで“PC版でも日本語でプレイ可能”である旨をツイートし,ほっと胸をなでおろすことになった。

さて,ご存知のように,PC版Skyrimをアクティベートするには,Valveのデジタル配信システムである「Steam」が必須だが,最近,そのSteamのSkyrim紹介ページの文言がちょっと変わったことに気づいた人も多いはず。具体的には,対応する言語から「日本語」が削除され,その代わり「日本版で使用できる言語は日本語のみです」というお知らせが表示されるようになったのだ。むむ,これはどういうことだろう? 日本版ってなに?

 ということで,Bethesda製品の日本でのローカライズおよび販売を担当するゼニマックス・アジアに聞いてみたところ,あくまで現段階での話だが,Steamからダウンロードする際に,日本語版と英語(およびほかの欧州言語)版の選択が可能になる予定であるとのこと。なるほど,そういうことなのね。
 ワンパッケージに全言語が入っていれば話は早いのだが,技術的にちょっと難しい面があって,こういう措置になったらしい。英語版を用意したのは,やはり英語のほうが雰囲気が出るというプレイヤーに配慮したものだという。詳しいことについては近日中にゼニマックス・アジアから発表があるとのこと。いずれにしろ,PCゲーマーが日本語でSkyrimの冒険を行えることは間違いないようなので,筆者も含めて日本語ラブな人は安心しよう。
4Gamer.netより)


■ 最小動作環境

OS:Windows 7/Vista/XP (32 或いは 64bit)
CPU:Dual Core 2.0GHz 或いは同等のプロセッサ
メモリ:2GB
HDD:6GBの空き容量
ビデオカード:Direct X 9.0c互換で512MBのビデオメモリを搭載したビデオカード
サウンド:Direct X互換カード
Steam認証用のインターネットアクセス

■ 推奨動作環境

OS:Windows 7/Vista/XP (32 或いは 64bit)
CPU:Intel或いはAMDのQuad Core
メモリ:4GB
HDD:6GBの空き容量
ビデオカード:Direct X 9.0c互換で1GBのビデオメモリを搭載したNVIDIAまたはAMD ATIビデオカード(GeForce GTX 260以上、或いはATI Radeon 4890以上)
サウンド:Direct X互換カード
Steam認証用のインターネットアクセス






安心して日本語でプレイできる!!


英語でもいいですが、選択肢が読めないんですよね。

日本語でプレイできて、嬉しいですよー。



The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】


The Elder Scrolls V : Skyrim 【CEROレーティング「Z」】

関連記事
スポンサーサイト



0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

広告
Return to Pagetop